スポンサーリンク
クラシック

山下和仁「アランフェス協奏曲」がはじめてのクラシック・コンサート

こちらでは、はじめてのクラシック・コンサートだった山下和仁「アランフェス協奏曲」の思い出を振り返ってみた。音量・音色などクラシック・ギターの魅力を余すことなく感じさせる演奏で衝撃的であるとともに思い出に残るコンサートになった。
アル・ディ・メオラ

スーパー・ギター・トリオ・ライヴの感想!「地中海の舞踏」の衝撃!

こちらでは、今回は、「地中海の舞踏」の衝撃を受けた「スーパー・ギター・トリオ・ライヴ」の感想を綴ってみた。パコ・デ・ルシア、アル・ディ・メオラ、ジョン・マクラフリンによる「地中海の舞踏」から始まるプレイの正確性は折紙付きで多くのギタリストのお手本!
クラシック・ギター

ディープ・パープルを聞いてクラシック・ギターへ!役に立ったか?

ディープ・パープルのライブがきっかけで、クラシック音楽を聞くようになり、さらにはクラシック・ギターをたしなむようになった少年。果たしてクラシック・ギターは、ロックに役に立ったのか?
ゲイリー・ムーア

シン・リジィ「ブラック・ローズ」の感想!らしい名曲満載のアルバム

こちらでは、シン・リジィらしい名曲が満載のアルバム「ブラック・ローズ」の感想を綴ってみた。ゲイリー・ムーアとフィル・ライノットが共演した唯一のフル・アルバムで、全編に漂うアイリッシュのメロディーが胸を打つ一期一会の名盤!
オジー・オズボーン

オジー・オズボーン&ランディ・ローズ「トリビュート」の感想

こちらでは、は、オジー・オズボーンとランディ・ローズのライブ・アルバム「トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ」の感想を綴ってみた。スタジオ盤以上にラウドでのびのびと歌うようにプレイしているランディ・ローズのギターが素晴らしい。
ジョー・リン・ターナー

ジョー・リン・ターナー「レスキュー・ユー」の感想!歌唱力光る名盤

こちらでは、ジョー・リン・ターナーの歌唱力が光る名盤「レスキュー・ユー」の感想を綴ってみた。後期レインボーのサウンドをさらに推し進めた極上のハード・ポップ・サウンドが展開されたジョー・リン・ターナーの持ち味が存分に発揮された名盤である。
ジェイソン・ベッカー

ジェイソン・ベッカー「パースペクティヴ」の感想!再びギターを!

こちらでは、ジェイソン・ベッカー「パースペクティヴ」の感想を綴ってみた。「パースペクティヴ」はジェイソン・ベッカーのソロ2作目。ALSを患いながら情感豊かにギターを歌い上げる。感動の名作を完成させた ❝不屈の魂❞に涙なしには聞けない。
イングヴェイ・マルムスティーン

イングヴェイの「セブンス・サイン・ツアー」の感想!7回目の来日!

こちらでは、イングヴェイの「セブンス・サイン・ツアー」の感想を綴ってみた。当時、頂点を極めた”ビッグ・イン・ジャパン”イングヴェイの7回目の来日で公私ともに絶好調でギター・プレイも冴えわたる。90年代の絶頂期のイングヴェイを捉えている。
イングヴェイ・マルムスティーン

イングヴェイ・マルムスティーンのエクリプス・ツアー1990の感想

「エクリプス・ツアー1990」でイングヴェイ・マルムスティーンを初体験した少年のライブ回顧録。ライブは「トライアル・バイ・ファイアー:ライヴ・イン・レニングラード 」に「エクリプス」からの新曲をミックスした構成で圧倒的な存在感を示した。
ヨーロッパ

ヨーロッパ「アウト・オブ・ディス・ワールド」ツアーの感想!

こちらでは、ヨーロッパ「アウト・オブ・ディス・ワールド」ツアーの感想を綴ってみた。「ファイナル・カウントダウン」で大ブレイクした後のヨーロッパをライブの様子をアルバムとともに振り返る。ギタリストが変わったもののライブは最高だった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました