レインボーのライブ・アルバムのレビュー記事まとめ!CD&DVD!

レインボーの真価はライブにこそあるといっていい。

それは同じ楽曲でもスタジオ・アルバムとライブ・アルバムのバージョンを聞き比べてみれば一目瞭然だ。

レインボーのライブ・アルバムでは演奏のテンションの高さもさることながら、インプロヴィゼーションによるフレーズの違いなどライブならではの醍醐味をたっぷりと楽しむことができる。

こちらでは、レインボーのライブ・アルバム(CD&DVD)のレビュー記事をまとめていきたいと思う。

スポンサーリンク

レインボーのライブ・アルバムのレビュー記事~CD

レインボーの場合、スタジオ・アルバムで楽曲を覚えたなら、ライブ・アルバムではさらにその楽曲の進化を確認することができる。

極端なことをいえば、同じ楽曲でもスタジオ・バージョンとライブ・バージョンでは違う曲のようにも聞こえることがしばしばだ。

そして、レインボーのライブ・アルバムのCDはオフィシャルでかなりの数がリリースされている。

幸いにして歴代のヴォーカリストすべてのライブ音源がCD化されているので、聞き比べてみる楽しみもある。

レインボーのライブ・アルバムのCDは、ヴォーカリスト別で以下の通り。

ロニー・ジェームズ・ディオ期
オン・ステージ」(1976年12月の来日公演から)

「ライヴ・イン・ジャーマニー1976」(1976年9月のドイツ公演から)

「ライヴ・イン・ミュンヘン1977」(1977年10月20日ドイツ・ミュンヘン公演)- DVDあり

グラハム・ボネット期
モンスターズ・オブ・ロック〜ライヴ・アット・ドニントン1980
(1980年8月16日イギリス・ドニントン公演) – DVDあり

ジョー・リン・ターナー期
ライヴ・イン・ジャパン1984
(1984年3月14日、東京・日本武道館公演)- DVDあり

ロニー・ジェームズ・ディオ~グラハム・ボネット~ジョー・リン・ターナー期
ファイナル・ヴァイナル」(1978~1984年の録音)

ドゥギー・ホワイト期
「ブラック・マスカレード〜ロックパラスト1995」
(1995年10月9日ドイツ・デュッセルドルフ公演)- DVDあり

ロニー・ロメロ期
「メモリーズ・イン・ロック~ライヴ・アット・モンスターズ・オブ・ロック2016」
(2016年6月17日ドイツ・ローレライ公演、18日ビーティッヒハイム=ビッシンゲン公演)- DVDあり

「ライヴ・イン・バーミンガム2016」(2016年6月25日イギリス・バーミンガム公演)

メモリーズ・イン・ロックII〜ライヴ・イン・イングランド2017
(2017年6月イギリス・ロンドン、グラスゴー、バーミンガム公演から)

※年代順に記載

スポンサードリンク

レインボー・オン・ステージ

レインボー・オン・ステージの感想!デラックス・エディションがいい
こちらでは、デラックス・エディションがおすすめの「レインボー・オン・ステージ」の感想を綴ってみた。当初「ライヴ・イン・ジャパン」になる予定だった「レインボー・オン・ステージ」だが、迫力ある生々しいライヴ感はこの時期ならではのものだ。

ファイナル・ヴァイナル

レインボーのファイナル・ヴァイナルの感想!ライブのベストアルバム
こちらでは、ライブのベストアルバムとしておすすめのレインボーのファイナル・ヴァイナルの感想をまとめた。すでに解散していたレインボーがリリースしたベストアルバムが「ファイナル・ヴァイナル」で3人の歴代シンガーをアルバム1枚で聞くことができる。

メモリーズ・イン・ロックII 〜ライヴ・イン・イングランド2017

リッチー・ブラックモア最新情報2018!ライブ・アルバムとバーン
こちらではリッチー・ブラックモアの最新情報2018とライブ・アルバム、バーンなどについてまとめてみた。今回リリースの「メモリーズ・イン・ロックII~ライヴ・イン・イングランド2017」はイギリス3公演を編集したものに日本限定ボーナスCDの3枚組である。

レインボーのライブ・アルバムのレビュー記事~DVD

レインボーのライブはCDだけでなく、DVDでもかなりリリースされている。

CDと重複しているのがほとんどだが、映像付きならさらに楽しめるはずだ。

レインボーのライブDVDもヴォーカリスト別の掲載で、以下の通り。

ロニー・ジェームズ・ディオ期
ライヴ・イン・ミュンヘン1977
(1977年10月20日ドイツ・ミュンヘン公演)- CDあり

グラハム・ボネット期
モンスターズ・オブ・ロック〜ライヴ・アット・ドニントン1980
(1980年8月16日イギリス・ドニントン公演) – CDあり

ジョー・リン・ターナー期
「レインボー・ライヴ’82~Live Between The Eyes」
(1982年8月18日アメリカ・テキサス州サンアントニオ公演)

レインボー・ジャパン・ツアー’84
(1984年3月14日、東京・日本武道館公演) – CDあり

ドゥギー・ホワイト期
「ブラック・マスカレード〜ロックパラスト1995」
(1995年10月9日ドイツ、デュッセルドルフ公演) – CDあり

ロニー・ロメロ期
「メモリーズ・イン・ロック~ライヴ・アット・モンスターズ・オブ・ロック2016」
(2016年6月17日ドイツ・ローレライ公演、18日ビーティッヒハイム=ビッシンゲン公演)- CDあり

※年代順に記載

レインボーのスタジオ・アルバムのレビュー記事については、こちらをご参照下さい↓

レインボーのスタジオ・アルバムの感想記事&収録曲まとめ!保存版!
こちらでは、保存版としてレインボーのスタジオ・アルバムの感想記事と収録曲をまとめてみた。リッチー・ブラックモア率いるレインボーは、シンガーによって音楽性を変えメンバーの個性を最大限に活かした楽曲は秀逸!アルバム1枚1枚が個性的で名盤!

ライヴ・イン・ミュンヘン1977

レインボー「ライヴ・イン・ミュンヘン1977」の感想!永遠の名作
こちらでは、レインボー永遠の名作「ライヴ・イン・ミュンヘン1977」の感想を綴ってみた。リッチー・ブラックモア、ロニー・ジェームズ・ディオ、コージー・パウエルの3人の個性がぶつかり合う「一期一会」の瞬間を捉えたハード・ロック永遠の名作!

モンスターズ・オブ・ロック・ドニントン1980

レインボーのモンスターズ・オブ・ロック・ドニントン1980の感想
こちらでは、レインボーの「モンスターズオブロック・ドニントン1980」の感想を綴ってみた。まさに歴史的イベントだったモンスターズ・オブ・ロック1980の詳細やこの時期のレインボーを振り返る。ついにリリースされたCD・DVDの全貌は?

ライヴ・イン・ジャパン1984

レインボーのライヴ・イン・ジャパン1984の感想!最後のリッチー
こちらでは、今回は、レインボー最後のリッチーが見られる「ライヴ・イン・ジャパン1984」の感想を綴ってみた。現時点ではレインボーの最後の武道館公演でもあるが、その背景なども探ってみた。オーケストラとの共演など多くの見どころ・聞きどころ満載!

レインボーの来日公演のセトリと日程・会場・メンバーなどについては、こちらをご参照下さい↓

レインボーの来日公演のセトリと日程・会場・メンバーの記事一覧!
こちらでは、レインボーの来日公演のセトリと日程・会場・メンバーの記事を一覧でまとめてみた。再結成を含めたレインボーの来日公演の歴史を振り返る。アルバム同様、毎回違うラインナップでの来日公演となった。ロニー・ロメロで再びの来日公演を期待したい。

レインボーのライブ・アルバムのレビュー記事~まとめ

今回は、レインボーのライブ・アルバム(CD&DVD)のレビュー記事をまとめてきた。

レインボーのライブ・アルバムのCD&DVDはオフィシャルでかなりの数がリリースされているが、幸いにして歴代のヴォーカリストすべてのライブ音源がCD&DVD化されているので、ぜひ聞き比べてみることをおすすめしたい。

ヴォーカリストによって印象がかなり異なるので、まるで別のバンドのように感じることもある。

90年代以降は現役感が薄れていくのも事実だが、ディープ・パープルの楽曲も徐々に多くなっていき、リッチー・ブラックモアのハード・ロックのキャリアを総括するような選曲になっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました