ヴァンデンバーグの「誘惑の炎」は極上のメロディーが光る名盤!

「Heading for a Storm」(誘惑の炎):ヴァンデンバーグ
1.フライデイ・ナイト
2.ウェルカム・トゥ・ザ・クラブ
3.タイム・ウィル・テル
4.ディファレント・ワールド
5.闘いの日々
6.ファイア
7.誘惑の炎
8.ロック・オン
9.ウェイティング・フォー・ザ・ナイト

ギター:エイドリアン・ヴァンデンバーグ         ヴォーカル:バート・ヒーリンク
ベース:ディック・ケンパー
ドラムス:ジョス・ズーマー

スポンサーリンク

ヴァンデンバーグの2ndアルバム「誘惑の炎」

続いては、こちらヴァンデンバーグ の2nd「Heading for a Storm」(誘惑の炎)の登場だ。
オランダのバンドで1983年の発表。

実は、この前に同級生に薦められてデビュー・アルバムの「ネザーランドの神話」を聞いていたのだが、正直あまりピンとこなかったので、この2ndアルバムもあまり期待していなかった。

スポンサードリンク

ヴァンデンバーグの極上のメロディーが光る名盤!

ところがである。

今回はこのアルバムに散りばめられた質の良いヨーロピアンなメロディーの虜になってしまった。

オープニングの「フライデイ・ナイト」からキャッチーでメロディアスな曲が並ぶ。

小気味いい曲で畳みかけた後は、名バラード「ディファレント・ワールド」が美しい。

B面に入ってからもハード・ロックの王道的な曲が続き、最後は、アルバムをラストを飾るにふさわしい疾走感のあるハード・ナンバー「ウェイティング・フォー・ザ・ナイト」で締めくくる。

完璧なアルバムである。

名盤といっていいだろう。

それにしてもギターのエイドリアン・ヴァンデンバーグ のメロディー・センスはピカイチで、哀愁を帯びたドラマティックな展開は、マイケル・シェンカーを彷彿とさせる。

エイドリアンのメロディーは、少年のハートを一気に掴んだ。

そして、このアルバムから楽曲の質が格段に向上したように思う。

作詞・作曲はもちろんのことアルバムのアートワークまで手掛けている。

なんて芸術的な才能に恵まれた人なんだろう。

まとめ

この後、ヴァンデンバーグ は、3rdアルバム「アリバイ」を発表するが、解散。

エイドリアンは、ホワイトスネイクに加入する。

これからヴァンデンバーグを聞こうという方には、アルバムとしてはこの「Heading for a Storm」(誘惑の炎)を迷わずおすすめするのだが、このバンドの場合、どうしても触れておかなければばならない曲がある。

「Burning Heart」である。

デビュー・アルバムの「ネザーランドの神話」に収録されているこの曲は、哀愁のあるまさに(ヨーロピアン・クラシックとでも言ったらいいのだろうか?)名曲である。

かのデヴィッド・カヴァーデールがこの曲を気に入り、エイドリアンをホワイトスネイクに誘ったのは有名な話。

もしヴァンデンバーグで1曲選べと言われたら間違いなく「Burning Heart」だ。

「Burning Heart」1曲のためにお金払う価値は十分あると思う。

少々おすすめが分散してしまったが、アルバムなら「Heading for a Storm」(誘惑の炎)、1曲だけ選ぶなら「Burning Heart」ということで…。

その他のヴァンデンバーグに関する記事はこちらからどうぞ!
☞ ヴァンデンバーグズ・ムーンキングスMKⅡ古き良き時代のハード・ロック  

【送料無料】 Vandenberg バンデンバーグ / Heading For A Storm 輸入盤 【CD】

コメント

タイトルとURLをコピーしました