ボン・ジョヴィの2018年来日が決定!直近のアルバムもおすすめ!

「THIS HOUSE IS NOT FOR SALE」 ボン・ジョヴィ 

 

 

 

 

 

 

 

 

1. This House Is Not For Sale
2. Living With The Ghost
3. Knockout
4. Labor Of Love
5. Born Again Tomorrow
6. Roller ¬Coaster’
7. New Year’s Day
8. The Devil’s In The Temple
9. Scars On This Guitar
10. God Bless This Mess
11. Reunion
12. Come On Up To Our House

ボン・ジョヴィの5年ぶりの来日公演が2018年11月に決定した。

前回の来日公演から5年の間にバンドではさまざまなことがあったが、はたしてボン・ジョヴィはどう変わったのか?

今回は、ボン・ジョヴィの2018年来日情報と直近のおすすめのアルバム「THIS HOUSE IS NOT FOR SALE」などについて見ていく。

スポンサーリンク

ボン・ジョヴィ、2018年来日決定!

まずは5年ぶりの来日公演が決定して、めでたしである。

直近のアルバム「THIS HOUSE IS NOT FOR SALE」がリリースされてから、すでに2年も経過しているからである。

チケットの先行予約はすでに受付中で、一般発売は7月14日(土)から開始される。

ツアーの概要は以下の通りである。

BON JOVI THIS HOUSE IS NOT FOR SALE 2018 TOUR

Bon Jovi Japan Tour 2018

【東京公演】2018年11月26日(月) 東京ドーム
開場 17:30/開演 19:00
お問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999     

【大阪公演】2018年11月27日(火) 京セラドーム大阪
開場 17:30/開演 19:00
お問い合わせ:大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506      

チケット代(税込)
VIP席:¥50,000【グッズ付】
S席:¥15,000
A席 : ¥13,000
B席 : ¥11,000

・ウドー・プレミアム・メンバーズ先行予約受付中
・一般発売:7月14日(土)~

スポンサードリンク

リッチーなしでもボン・ジョヴィのアルバムはおすすめ!

Bon Jovi – This House Is Not For Sale

今回のツアー直近のアルバムでボン・ジョヴィ通算14枚目となる最新のスタジオ・アルバムが「THIS HOUSE IS NOT FOR SALE」である。

2016年11月の発表。

ここ最近、メンバーの脱退やレコード会社との問題などあまりいいニュースがなかったボン・ジョヴィが、いったいどこへ向かうのか全世界が注目していた。

リッチー・サンボラが抜けて2作目となるが、やはりボン・ジョヴィはボン・ジョヴィであった。

前作「BURNING BRIDGES」にしてもこの「THIS HOUSE IS NOT FOR SALE」にしてもあまり騒がれないが、いいアルバムだと思う。

その音楽性、相変わらずの曲の良さとメンバーが変わってもアルバムの質は高い

確かにデビューの頃からの看板ギタリストがいないのは確かに痛いが、ジョン・ボン・ジョヴィがいればボン・ジョヴィとして成立するのが証明されたのではないか?

できればリッチー・サンボラがいるボン・ジョヴィを見たいとは思うが、現在のメンバーのボン・ジョヴィもきっといいライブを見せてくれるだろう。

まとめ

今回は、ボン・ジョヴィの2018年来日情報と直近のおすすめのアルバム「THIS HOUSE IS NOT FOR SALE」などについてまとめてみた。

いろいろあったボン・ジョヴィだが、どうやらうまい具合に着地できたようである。

さまざまな問題を乗り越え、素晴らしいアルバム「THIS HOUSE IS NOT FOR SALE」を引っ提げてまた日本に戻ってくる。

チケットはちょっと高いが、新生ボン・ジョヴィの来日公演に期待しようではないか!

その他のボン・ジョヴィの記事は、こちらからどうぞ!
☞ ボン・ジョヴィのツアー初日と最新のセットリスト!来日2018迫る

☞ ボン・ジョヴィらしい曲~4thアルバム「ニュー・ジャージー」  

☞ ボン・ジョヴィの東京・大阪ドーム2018年セトリと参戦感想まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました