ビートルズの有名な曲が入ったアルバムは?赤盤・青盤がおすすめ!

ビートルズ有名な曲が入ったアルバムが欲しいんだけどどのアルバムを選べばいいのだろう?」

また、「ビートルズの有名な曲を気軽に聞いてみたい」

そんな方も多いのではないかと思い、おすすめのアルバムとして赤盤・青盤をあげてみた。

はたして、赤盤・青盤とはどんなアルバムなのか?

今回は、「ビートルズの有名な曲が入ったアルバムは?赤盤・青盤がおすすめ!」と題して赤盤・青盤について見ていく。

スポンサーリンク

ビートルズの有名な曲が入ったアルバムなら赤盤・青盤

いくらビートルズの最高傑作が「サージェントペパーズ・ロンリーハーツクラブバンド(SGT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND)」だからといって、いきなりこれを買うのもどうかなとも思う。

やっぱりおすすめしやすいのが、ベスト・アルバムである。

今回のテーマである有名な曲もたっぷりと収録されている。

今回取り上げる赤盤・青盤は、ビートルズ解散後にリリースされた初のベスト・アルバムで、まず1973年にLPレコードでリリース、次いで1993年にCD化、2010年にはリマスター盤が発売されている。

このベスト・アルバムは、ジャケットの色からそれぞれ「赤盤」、「青盤」と呼ばれ、リリース以来、今日まで多くのファンに親しまれている。

それぞれ2枚組で赤盤に26曲、青盤に28曲の計54曲というボリューム満点の構成で、個人的には決定盤といっていいと思えるベスト・アルバムだと思う。

赤盤(ザ・ビートルズ1962~1966年)

 

 

 

 

 

 

 

 

CD1
1. ラヴ・ミー・ドゥ
2. プリーズ・プリーズ・ミー
3. フロム・ミー・トゥ・ユー
4. シー・ラヴズ・ユー
5. 抱きしめたい
6. オール・マイ・ラヴィング
7. キャント・バイ・ミー・ラヴ
8. ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
9. アンド・アイ・ラヴ・ハー
10. エイト・デイズ・ア・ウィーク
11. アイ・フィール・ファイン
12. ティケット・トゥ・ライド(涙の乗車券)
13. イエスタデイ

CD 2
1. ヘルプ
2. 悲しみはぶっとばせ
3. 恋を抱きしめよう
4. デイ・トリッパー
5. ドライヴ・マイ・カー
6. ノーウェジアン・ウッド(ノルウェーの森)
7. ノーホエア・マン(ひとりぼっちのあいつ)
8. ミッシェル
9. イン・マイ・ライフ
10. ガール
11. ペイパーバック・ライター
12. エリナー・リグビー
13. イエロー・サブマリン

赤盤は、ビートルズの前半期の1962年から1966年までの時代の曲を収録している。
若々しいロックンロールから勢いのある曲が並び、曲順もほぼ年代順に並んでいるので、バンドの初期からどう変化していったかを聞くのも興味深い。
ロック創生期でもあり、シンプルでストレートなロックが中心だったビートルズが徐々にその作風を変えていく。
そんな中で有名な曲となると、CD1収録の「イエスタデイ」が最も有名か?
いや、やっぱり他にもあるからそうでもないか?(笑)

スポンサードリンク

青盤(ザ・ビートルズ1967~1970年)

 

 

 

 

 

 

 

 

CD 1
1. ストロベリー・フィールズ・フォーエバー
2. ペニー・レイン
3. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
4. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
5. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ
6. ア・デイ・イン・ザ・ライフ
7. オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ(愛こそはすべて)
8. アイ・アム・ザ・ウォルラス
9. ハロー・グッドバイ
10. フール・オン・ザ・ヒル
11. マジカル・ミステリー・ツアー
12. レディ・マドンナ
13. ヘイ・ジュード
14. レボリューション

CD 2
1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
2. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
3. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
4. ゲット・バック
5. ドント・レット・ミー・ダウン
6. ジョンとヨーコのバラード
7. オールド・ブラウン・シュー
8. ヒア・カムズ・ザ・サン
9. カム・トゥゲザー
10. サムシング
11. オクトパス・ガーデン
12. レット・イット・ビー
13. アクロス・ザ・ユニバース
14. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード

青盤は、ビートルズの後半期の1967年から1970年までの時代の曲を収録している。
すでにライブ活動を停止していた影響からであろうか実験的な試みが増え、またビートルズの作風はどんどん円熟味を増していく。
赤盤に比べて、青盤の方に有名な曲が多いように思われるが、どうだろうか?
もはやこの時期のビートルズには、他の追随を許さない普遍的な何かが存在しているような気がする。

まとめ

今回は、「ビートルズの有名な曲が入ったアルバムは?赤盤・青盤がおすすめ!」と題して赤盤・青盤についてまとめてみた。

ビートルズの数多いアルバムの中で有名な曲を効率よく収録しているアルバムとなると真っ先に赤盤・青盤が頭に浮かんできた。

ベスト・アルバムとしてもおすすめで、これ以上は望めないのではないかという充実ぶりだ。

普段何気なく耳に入ってくることの多いビートルズの有名な曲であるが、この赤盤・青盤を持っていればかなり網羅できるのではないだろうか。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ポール・マッカートニー来日公演2018のチケット予約とセトリ予想

コメント

タイトルとURLをコピーしました