ヨーロッパ「幻想交響詩」元祖北欧メタルの水晶のごときメロディー!

「幻想交響詩」ヨーロッパ
1. イン・ザ・フューチャー・トゥ・カム
2. フェアウェル
3. セヴン・ドアーズ・ホテル
4. ザ・キング・ウィル・リターン
5. ボ・ヤ・ゾ・ン
6. チルドレン・オブ・ディス・タイム
7. ワーズ・オブ・ウィズダム
8. パラダイス・ベイ
9. メモリーズ

 

 

 

ヴォーカル:ジョーイ・テンペスト               
ギター:ジョン・ノーラム                  
ドラムス:トニー・レノー               
ベース:ジョン・レヴィン

スポンサーリンク

ヨーロッパのデビュー・アルバム「幻想交響詩」

続いては、ヨーロッパの登場だ。

みなさん、ヨーロッパといえば、「ファイナル・カウントダウン」を真っ先に思い浮かべることだろう。

しかし、少年にとってはこのデビュー・アルバムの「幻想交響詩」がイチバンの思い出なのだ。

バンドでギターを弾いていた同級生が、「これはいいから絶対に聞け!」と半ば強引にLPレコードを貸してくれたのがきっかけ。

なんとありがたいことだろう(笑)。

1983年のことである。

以来、ヨーロッパのアルバムはいまでも現在進行形で聞いている。

だれが聞いても「ファイナル・カウントダウン」の完成度に比べたら、「幻想交響詩」は一歩も二歩も劣ると思う。

では、なぜこのアルバムに魅力を感じるのか?

スポンサードリンク

ヨーロッパは北欧メタルのパイオニア

まず、「幻想交響詩」には、デビュー作ということもあり、「ファイナル・カウントダウン」以上の勢いがある。オープニングの「イン・ザ・フューチャー・トゥ・カム」から初々しいばかりの勢いだ。

そして、経験の浅さからきているのか(?)、荒削りなサウンド。

例えるなら、ディープ・パープルだ。

一般的に「マシン・ヘッド」がきれいにまとまっており、最高傑作とされるが、ハード・ロックとしての勢いなら、個人的には、「イン・ロック」だと思う。

これと同じような経過をヨーロッパも辿っている。徐々に洗練されたサウンドになっていったのだ。

そして、このアルバムのイチバンの特徴がアルバム全編を貫くメロディーの美しさである。

❝水晶のごときメロディー❞とか❝泣きのメロディー❞とか言われるが、とにかく痺れるほどの美しさだ。

曲を作っているジョーイ・テンペストも先にメロディーから作っているそうだ。

ギターのジョン・ノーラムもメロディアスだが、ゲイリー・ムーアとマイケル・シェンカーのファンらしい。

なるほどプレイもこの2人を足して2で割ったようなプレイだ。

そして、当時、ハード・ロック不毛の地と思われていた北欧からこの素晴らしいアルバムが出たというのも驚きだ。

今でこそ北欧メタルという言葉があり、多くのバンドが輩出されているが、ヨーロッパはまさにその先駆けであった。

そう、北欧メタルはここから始まったのである。

まとめ

「ファイナル・カウントダウン」が大ブレイクしてからは、「幻想交響詩」の曲は、ライブで演奏される機会はほとんどなくなってしまった。

サウンドも次第にポップになっていき、初期の陰影のあるメロディーは影を潜めた。

少年にとっては非常に残念なことだった。おまけにギタリストも変わってしまった。

1987年だったか来日公演を見る機会に恵まれたが、素晴らしいライブにもかかわらず、ギターのジョン・ノーラムがいなかったことだけが心残りだった。

ヨーロッパを初めて聞くなら、やはり「ファイナル・カウントダウン」か?もしくは、ベスト・アルバムが出ているのでこのどちらかから入るのがおススメだ。

そして気に入ったなら、ぜひこの「幻想交響詩」を聞いていただきたい。

ヨーロッパというバンドのルーツといおうか、真骨頂がここには詰まっていると思う。

個人的な思い入れもあって、このアルバムの完全再現ライブを見てみたい。

ないだろうなぁ(笑)。

その他のヨーロッパに関する記事はこちらからどうぞ!
☞ ヨーロッパ「ウォーク・ジ・アース 」ラウドパーク13のDEがおすすめ  

☞ ヨーロッパの「ファイナル・カウントダウン」後「Out of This World Tour1988」 

幻想交響詩 [ ヨーロッパ ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました