レインボーのスタジオ・アルバムの感想記事&収録曲まとめ!保存版!

ディープ・パープルを脱退したカリスマ・ギタリストのリッチー・ブラックモア率いるレインボーは、これまで再結成を含めると8枚のスタジオ・アルバムをリリースしている。

最近になって突如、新しいシンガーとちょくちょくライブを行っているが、新しいスタジオ・アルバムはリリースしていない。

来日公演もいまだ実現していないが、過去のレインボーのスタジオ・アルバムを今一度、振り返りながら新しいスタジオ・アルバムを待つのもいいのではないだろうか。

今回は、保存版としてレインボーのスタジオ・アルバムの感想記事と収録曲をまとめてみたいと思う。

スポンサーリンク

レインボーのスタジオ・アルバムの感想記事&収録曲

上述したように、レインボーはこれまで再結成を含めて8枚のスタジオ・アルバムをリリースしている。

そして、この8枚のスタジオ・アルバムは4人のシンガーと制作されている。

年代別には、古い順にロニー・ジェームズ・ディオで3枚、グラハム・ボネットで1枚、ジョー・リン・ターナーで3枚、そして最後にドゥギー・ホワイトで1枚だ。

音楽性は、シンガーによって変わってきたが、ザックリ分けると、ロニー・ジェームズ・ディオ時代のハード路線とロニー・ジェームズ・ディオ在籍以降のポップ路線に分かれる。

再結成したドゥギー・ホワイト時代はハード路線とポップ路線をうまくミックスした音楽性だったが、そんな中でもアルバム1枚1枚はそれぞれが個性的で焼き直しのようなアルバムは1枚もない。

”レインボーに駄作なし”の名言通りだが、どんなアルバムたちなのか?

銀嶺の覇者(Ritchie Blackmore’s Rainbow)

リッチー・ブラックモアズ・レインボー「銀嶺の覇者」の感想!
こちらでは、リッチー・ブラックモアズ・レインボーの「銀嶺の覇者(Ritchie Blackmore's Rainbow)」の感想を綴ってみた。地味なサウンドが影響してか印象の薄いアルバムであるが名曲揃いであることを再確認させられるアルバム!

収録曲
1.銀嶺の覇者(Man On The Silver Mountain)
2.自画像(Self Portrait)
3.黒い羊(ブラック・シープ・オブ・ザ・ファミリー)(Black Sheep Of The Family)
4.虹をつかもう(Catch The Rainbow)
5.へび使い(Snake Charmer)
6.王様の神殿(The Temple Of The King)
7.もしもロックがきらいなら(If You Don’t Like Rock ‘N’ Roll)
8.16世紀のグリーンスリーヴス(Sixteenth Century Greensleeves)
9.スティル・アイム・サッド(Still I’m Sad)

1975年の発表。

ヴォーカルはロニー・ジェームズ・ディオで、レインボーのアルバムの中で中世趣味が最も色濃く出た1枚。

虹を翔る覇者(Rising)

レインボー・ライジング(虹を翔ける覇者)の感想!虹の最高傑作!
こちらでは、レインボーの最高傑作の誉れ高い「ライジング(虹を翔ける覇者)」の感想を綴ってみた。40年以上経過しているとは思えない名盤中の名盤!リッチー・ブラックモア、ロニー・ジェームズ・ディオ、コージー・パウエル在籍時代の最高傑作?

収録曲
1.タロット・ウーマン(Tarot Woman)
2.ラン・ウィズ・ザ・ウルフ(Run with the Wolf)
3.スターストラック(Starstruck)
4.ドゥ・ユー・クローズ・ユア・アイズ(Do You Close Your Eyes)
5.スターゲイザー(Stargazer)
6.ア・ライト・イン・ザ・ブラック(A Light in the Black)

1976年の発表。

ヴォーカルはロニー・ジェームズ・ディオで、このアルバムからドラムスにコージー・パウエルが参加。

一般的にレインボーの最高傑作といわれているアルバム。

バビロンの城門(Long Live Rock ‘n’ Roll)

レインボー「バビロンの城門」の感想!代表曲キル・ザ・キング収録!
こちらでは、今回は、代表曲「キル・ザ・キング」を収録したレインボー「バビロンの城門」の感想を綴ってみた。比較的地味な印象のアルバムであるが「バビロンの城門」「ロング・リブ・ロックンロール」「レインボー・アイズ」など後世に残る名曲を多数収録!

収録曲
1.ロング・リヴ・ロックン・ロール(Long Live Rock’n’Roll)
2.レディ・オブ・ザ・レイク(Lady of the Lake)
3.L.A.コネクション(L.A. Connection)
4.バビロンの城門(Gates of Babylon)
5.キル・ザ・キング(Kill the King)
6.ザ・シェッド(The Shed(Subtle))
7.センシティヴ・トゥ・ライト(Sensitive to Light)
8.レインボー・アイズ(Rainbow Eyes)

1978年の発表。

ヴォーカルはロニー・ジェームズ・ディオで、後世に残る名曲「キル・ザ・キング(Kill the King)」収録。

ダウン・トゥ・アース(Down To Earth)

レインボー「ダウン・トゥ・アース」の感想!虹史上最大の変色!
こちらでは、虹史上最大の変色となったレインボー「ダウン・トゥ・アース」の感想を綴ってみた。メンバーを一新してポップでキャッチーな曲が並ぶアルバムだが完成度の高い名盤である。レインボーの大変色とともにリッチー・ブラックモアの大転換の名盤でもあった。

収録曲
1.オール・ナイト・ロング(All Night Long)
2.アイズ・オブ・ザ・ワールド(Eyes Of The World)
3.ノー・タイム・トゥ・ルーズ(No Time To Lose)
4.メイキン・ラヴ(Makin’ Love)
5.シンス・ユー・ビーン・ゴーン(Since You Been Gone)
6.ラヴズ・ノー・フレンド(Love’s No Friend)
7.デンジャー・ゾーン(Danger Zone)
8.ロスト・イン・ハリウッド(Lost In Hollywood)

1980年の発表。

ヴォーカルはグラハム・ボネットで、ポップ路線に転じた音楽性に賛否両論渦巻いた問題作だが今となれば名盤。

アイ・サレンダー(Difficult To Cure)

レインボー「アイ・サレンダー」の感想!虹史上最もポップなアルバム
こちらでは、虹史上最ポップなアルバムとなったレインボー「アイ・サレンダー」の感想を綴ってみた。ポップになったといわれるアルバム「アイ・サレンダー」だが実はヴァラエティに富んだ名盤でポップに聞こえる最大の原因はジョー・リン・ターナーの声のせい?

収録曲
1.アイ・サレンダー(I Surrender)
2.スポットライト・キッド(Spotlight Kid)
3.ノー・リリース(No Release)
4.マジックMagic
5.メイビー・ネクスト・タイム(Vielleicht Das Nächste Mal(Maybe Next Time))
6.キャント・ハプン・ヒア(Can’t Happen Here)
7.フリーダム・ファイター(Freedom Fighter)
8.ミッドタウン・タネル・ヴィジョン(Midtown Tunnel Vision)
9.治療不可(Difficult to Cure)

1981年の発表。

ヴォーカルはジョー・リン・ターナーで、前作からのポップ路線をさらに推進。

闇からの一撃(Straight Between The Eyes)

レインボー「闇からの一撃」の感想!虹のアルバムとは思えない!
「レインボー・ライジング(虹を翔ける覇者)」で、ハード・ロックに衝撃を受けた少年が次に聞いたアルバムがレインボーの「闇からの一撃」であった。リッチー・ブラックモア以外メンバーも音も全く違うアルバムに違うバンドのアルバムを買ったと思った。

収録曲
1.デス・アリー・ドライバー(Death Alley Driver)
2.ストーン・コールド(Stone Cold)
3.ブリング・オン・ザ・ナイト(Bring On The Night(Dream Chaser))
4.タイト・スクィーズ(Tite Squeeze)
5.テアリン・アウト・マイ・ハート(Tearin’ Out My Heart)
6.パワー(Power)
7.ミス・ミストゥリーテッド(MISS Mistreated)
8.ロック・フィーヴァー(Rock Fever)
9.アイズ・オブ・ファイヤー(Eyes Of Fire)

1982年の発表。

ヴォーカル:ジョー・リン・ターナーで、ポップ路線もレインボーらしさが確立しつつあることを感じさせるアルバム。

ストリート・オブ・ドリームス(Bent Out Of Shape)

レインボー「ストリート・オブ・ドリームス」の感想!虹の最終到達点
こちらでは、レインボーの「ストリート・オブ・ドリームス(BENT OUT OF SHAPE)」の感想を綴った。レインボーのラストアルバムだがジョー・リン・ターナーの歌いまわしが光る名盤でこれで解散が惜しまれる。レインボー裏の名盤としておすすめ!

収録曲
1. ストランデッド(Stranded)
2. キャント・レット・ユー・ゴー(Can’t Let You Go)
3. フール・フォー・ザ・ナイト(Fool for the Night)
4. ファイヤー・ダンス(Fire Dance)
5. エニバディ・ゼア(Anybody There)
6. デスペレート・ハート(Desperate Heart)
7. ストリート・オブ・ドリームス(Street of Dreams)
8. ドリンキング・ウィズ・ザ・デヴィル(Drinking With the Devil)
9. スノーマン(Snowman)
10. メイク・ユア・ムーヴ(Make Your Move)

1983年の発表。

ヴォーカルはジョー・リン・ターナーで、後期レインボーの音楽性が花開いた名盤。名曲「キャント・レット・ユー・ゴー(Can’t Let You Go)」「ストリート・オブ・ドリームス(Street of Dreams)」収録。

孤高のストレンジャー(Stranger in Us All)

レインボー「孤高のストレンジャー」の感想!再結成のアルバムだが?
レインボーの「孤高のストレンジャー(STRANGER IN US ALL)」は再結成といいながらも実質的にはリッチー・ブラックモアのソロ・プロジェクト。レインボーの歴史の中であまり目立たない作品だが佳曲の多い、いいアルバムに仕上がっている。

収録曲
1.ウルフ・トゥ・ザ・ムーン(Wolf to the Moon)
2.コールド・ハーテッド・ウーマン(Cold Hearted Woman)
3.ハンティング・ヒューマンズ(インセイシャブル)(Hunting Humans (Insatiable))
4.スタンド・アンド・ファイト(Stand and Fight)
5.アリエル(Ariel)
6.トゥー・レイト・フォー・ティアーズ(Too Late for Tears)
7.ブラック・マスカレード(Black Masquerade)
8.サイレンス(Silence)
9.ホール・オブ・ザ・マウンテン・キング(Hall of the Mountain King)
10.スティル・アイム・サッド(Still I’m Sad)

1995年の発表。

ヴォーカルはドゥギー・ホワイトで、再結成レインボーの唯一のアルバム。
「スティル・アイム・サッド(Still I’m Sad)」の再録音が懐かしさを感じさせる。

レインボーのスタジオ・アルバムの感想記事&収録曲~まとめ

今回は、保存版としてレインボーのスタジオ・アルバムの感想記事と収録曲をまとめてみた。

1枚とて同じメンバーでレコーディングしたアルバムはなくリッチー・ブラックモアの独裁ともいえるレインボーだが、シンガーによって音楽性を変えメンバーの個性を最大限に活かした楽曲はやはり秀逸だ。

新しいスタジオ・アルバム、そして来日公演が待たれるが、過去のスタジオ・アルバムを懐かしく楽しみたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました