ジェイソン・ベッカー「パースペクティブ」 再びギターを!

「パースペクティブ」 ジェイソン・ベッカー
1. プライマル
2. レイン
3. エンド・オブ・ザ・ビギニング
4. ハイアー
5. ブルー
6. ライフ・アンド・デス
7. エンパイア
8. セラーナ
9. ミート・ミー・イン・ザ・モーニング

 

 

ジェイソン・ベッカー ❞と言われてもご存知ではない方も多いのではなかろうか?

1969年アメリカのカリフォルニア生まれのギタリストでマーティ・フリードマンとコンビを組み、カコフォニーでデビュー、その後、デイヴィッド・リー・ロスのバンドに抜擢され、順調にステップアップしていた。

しかし、そのデイヴィッド・リー・ロスのソロ・アルバム「A LITTLE AIN’T ENOUGH」のレコーディング中に左手足に異常を覚え、立ってギターをプレイできない状態まで悪化し、椅子に座ってなんとか乗り切った。

病名は、ALS(筋萎縮性側索硬化症、別名ルー・ゲーリッグ病)で、筋力がなくなり、体が動かなくなり、やがて呼吸もできなくなり死に至るという現在でも治療法が見つかっていない病である。

もちろんギターを弾くこともできない。

ツアーへの参加も断念したが、症状はさらに悪化していった。

そんな中で制作されたアルバムがこの「パースペクティブ」である。

ソロ・アルバムとしては、「パーペチュアル・バーン」に続く2作目であり、ジェイソン・ベッカーにとって今のところ最後のアルバムとなっている。

1995年の発表。

スポンサーリンク

ジェイソン・ベッカーの最後のギター・プレイ

感動の名作だと思う。

今でもこお「パースペクティブ」を聞く時は特別な気持ちになる。

「パースペクティブ」は、ラストのボブ・ディランのカバー「MEET ME IN THE MORNING」を除いてすべてインストゥルメンタルという構成。

このアルバムは、ハード・ロックでもヘヴィ・メタルでもない。

これまでのシュレッドなギターではない、クラシックをベースとしたジェイソン・ベッカーが本当にやりたかった音楽が展開されている。

オープニングは、エスニックな調な「プライマル」、ヴォーカル・ハーモニーによる「ハイアー」、トランペットによるアルペジオの「セラーナ」などコンポーザーとしての能力もいかんなく発揮されている。

その他の曲においてももう動かなくなりつつある体をなんとか鞭打ちながらプレイしたであろう情感豊かなギター・プレイが心を打つ。

スポンサードリンク

「パースペクティブ」のハイライト

そして、このアルバム「パースペクティブ」のハイライトが3曲目の「エンド・オブ・ザ・ビギニング」である。

静かなピアノのイントロから始まるこの曲は、その後、様々なパートが展開され、オーケストラの重厚なサウンド、そして、ジェイソン・ベッカーの代役としてギターを弾いたマイケル・リー・ファーキンスの神がかり的なプレイ、そして静かに幕を閉じるようなエンディング。すべてが圧巻である!

涙なくしては聞けないこの名曲を友人が結婚披露宴の新郎新婦入場の場面で使ってくれた。

素晴らしい入場であった。

まとめ

ジェイソン・ベッカーは今なお闘病中であり、ギターを弾くことはできないでいる。

しかし、創作意欲は衰えることはなく、家族・仲間が作曲活動を支え続けている。

数年前、映画「NOT DEAD YET」(不死身の天才ギタリスト)が公開された。

そこではジェイソン・ベッカーの生い立ちやギターへの情熱を見ることができる。

その❝不屈の魂❞に頭が下がる思いだ。

もし、この「パースペクティブ」を気に入ったならこちらの映画「NOT DEAD YET」(不死身の天才ギタリスト)も必見だ。

ひとりの天才ギタリストがやがて動かなくなるであろう自身の体と戦いながら、最後の魂を込めたアルバムとしてこの「パースペクティブ」を広くおすすめしたい。

【中古】パースペクティブ/ジェイソン・ベッカーCDアルバム/洋楽

コメント

タイトルとURLをコピーしました