マイケル・シェンカーのアルバムレビュー記事まとめ!来日ライブも

1955年ドイツに生まれ活動50周年を迎えるマイケル・シェンカーだが、これまで数々の名盤・名曲を生み出し、来日公演も何度も行ってきた。

トレードマークの愛器フライングVから紡ぎ出される哀愁のあるメロディアスなフレーズは日本人好みで、マイケル・シェンカーならではの独特のものだ。

筆者は1980年代前半のMSG(マイケル・シェンカー・グループ)時代に初めてその音楽に触れて以来、ほとんどのアルバムを聞き来日公演にも度々足を運んできた。

こちらでは、そんなマイケル・シェンカーのアルバムレビュー記事や来日ライブ、名盤・名曲などについてまとめてみた。

スポンサーリンク

マイケル・シェンカーのアルバムレビュー記事まとめ

マイケル・シェンカーは、1972年にスコーピオンズの「Lonesome Crow(恐怖の蠍団)」でデビュー、その後UFOに加入し、1974年に「現象(Phenomenon)」をリリースするなどして1978年に脱退、1980年以降は自身のバンド、マイケル・シェンカー・グループ(MSG)を中心に活動を続けている。

音楽性はデビューから一貫しており、メロディアスなハードロックを追及し続けている。

活動歴は長いが、個人的に全盛期は70年代のUFOと80年代のMSGだと考えている。

実際、ライブで演奏される曲のほとんどはこの時代の楽曲で占められている。

アルバムのレビュー記事も上述したように筆者がマイケル・シェンカーを聞き始めたのが1980年代前半だったこともあり、この時代のアルバムが多くなってしまった。

スポンサードリンク

神-帰ってきたフライング・アロウ(The Michael Schenker Group)

マイケル・シェンカー「神」の感想!復活を告げる80年代の最高傑作
こちらでは、マイケル・シェンカー・グループの復活を告げる80年代の最高傑作「神」を聞いた感想を綴ってみた。マイケル・シェンカーのリーダー・バンドのデビュー・アルバムで全編マイケル・シェンカーのギターの魅力が凝縮された必聴の名盤!

神話(M.S.G.)

マイケル・シェンカー・グループ「神話」の感想!コージー・パウエル参加!
こちらでは、コージー・パウエルが参加したマイケル・シェンカー・グループ「神話」の感想などをまとめた。マイケル・シェンカーとコージー・パウエルの唯一の共演が実現したスタジオ・アルバムがこの「神話」。マイケル・シェンカーらしい泣きのメロディが満載!

黙示録(Assault Attack)

マイケル・シェンカー・グループ「黙示録」の感想!グラハム・ボネット参加!
こちらでは、グラハム・ボネットが参加したマイケル・シェンカー・グループの「黙示録(Assault Attack)」の感想などをまとめた。「黙示録(Assault Attack)」は80年代のMSGでグラハム・ボネットが唯一、参加したアルバム!

限りなき戦い(Built To Destroy)

マイケル・シェンカー・グループ「限りなき戦い」の感想!ゲイリー・バーデン復帰
こちらでは、ゲイリー・バーデンの復帰作となったマイケル・シェンカー・グループ「限りなき戦い」の感想を語ってみた。「限りなき戦い」は「黙示録」に続くM.S.Gの4枚目のスタジオ・アルバム!アルバムの出来やゲイリー・バーデンの復帰の効果は?

イモータル

マイケル・シェンカー・グループ「イモータル」の感想!ゲスト多数!
こちらでは、多数のゲスト・ミュージシャンが参加したマイケル・シェンカー・グループ「イモータル」の感想を語ってみた。マイケル・シェンカー・グループのデビュー40周年+マイケル・シェンカー音楽活動50周年を記念する「イモータル」リリース!

「英雄伝説」UFO・MSG(ベスト・アルバム)

マイケル・シェンカーのベスト・アルバム「英雄伝説」UFO・MSG
マイケル・シェンカーを初めて聞く方におすすめなのがこの「英雄伝説」(マイケル・シェンカー・アンソロジー)。UFOからMSGまでの代表曲がほとんど網羅された入門に最適なベストアルバムである。

マイケル・シェンカーの来日公演&ライブ・アルバム

マイケル・シェンカーのリリースしてきたアルバムはスタジオ・アルバムだけでなく、ライブ・アルバムもかなりの数になる。

感動の1981年8月の初来日公演は、「飛翔伝説〜M.S.G.武道館ライブ(One Night At Budokan)」としてリリースされているし、他にも1997年の来日公演は「ストーリー・ライブ(The Michael Schenker Story Live)」、2010年の来日公演は「MSG 30周年記念コンサート~ライヴ・イン・トウキョウ(The 30th Anniversary Concert~Live In Tokyo)」、2016年の来日公演は「ライブ2016 東京国際フォーラム・ホールA(Michael Schenker Fest: Live Tokyo International Forum Hall A)」としてリリースされている。

なお、すでに廃盤となっているが、1984年の「スーパーロック84イン・ジャパン」もリリースされていた。

飛翔伝説〜M.S.G.武道館ライブ(One Night At Budokan)

マイケル・シェンカーの「飛翔伝説」MSG武道館ライブの感想!
こちらでは、マイケル・シェンカーの初来日公演「飛翔伝説」MSG武道館ライブの感想を綴ってみた。待望の来日を待ち望んだファンの熱狂ぶりが伝わってくる一期一会の夜で感動のライブ・アルバム。完全版にはコージー・パウエルのドラムソロも収録!

マイケル・シェンカー・グループ来日公演1984のセトリと感想

マイケル・シェンカー来日公演1984のセトリ・日程・会場と感想!
こちらでは、マイケル・シェンカー来日公演1984のセトリ・日程・会場とライブ初体験した感想を綴ってみた。ライブのことなど何も知らない筆者のライブ初参戦の記録と充実のマイケル・シェンカーの白熱のライブを振り返る。来日公演1984の音源も紹介!

マイケル・シェンカー・フェスト来日公演2017のセトリと感想

マイケル・シェンカー・フェスト来日公演2017のセトリと感想!
ラウドパークで見たマイケル・シェンカー・フェストの来日公演のセトリと感想。精神的に不安定だと言われていたマイケル・シェンカーであるが、その壁を乗り越えたかのような充実したプレイと上機嫌な姿があった。MSG歴代シンガーを揃えた夢のようなフェス!

マイケル・シェンカーの名盤&名曲

マイケル・シェンカーは、1972年のデビューから活動歴が約50年にも及ぶギタリストなので名盤・名曲は数多く、これからマイケル・シェンカーを聞いてみたいという音楽ファンにはどれから聞いたらいいのか迷ってしまうこともあるかと思う。

そこで筆者の独断と偏見で、おすすめの名盤と名曲をチョイスさせていただいたので参考にしていただければと思う。

マイケル・シェンカーの名盤(UFO・MSG)

マイケル・シェンカーのアルバムでおすすめは?UFOとMSGの名盤
こちらでは、マイケル・シェンカーのおすすめのアルバム(名盤)をUFOとMSGに分けてまとめてみた。デビュー50周年を迎えて、なお充実した活動を続けるマイケル・シェンカーだが数え切れないほどのアルバムからこれは必聴という名盤をピックアップ!

マイケル・シェンカーの名曲(UFO・MSG)

マイケル・シェンカーのおすすめの名曲は?UFO・MSG別で!
こちらでは、マイケル・シェンカーのおすすめの名曲をUFO・MSG別でランキングしてみた。数々の名曲を生み出してきたマイケル・シェンカーだが長いキャリアの中でUFOとMSGの名曲ではタイプが異なることがわかった。マイケル・シェンカーの往年の名曲を辿る。

マイケル・シェンカーのアルバムレビュー記事~まとめ

今回は、マイケル・シェンカーのアルバムレビュー記事や来日ライブ、名盤・名曲などなどについてまとめてみた。

筆者がマイケル・シェンカーを聞き始めたのが、1980年代ということもあってレビュー記事は1980年代のアルバムに集中してしまった。

しかし、70年代UFOや1990年代の一連のアコースティック・プロジェクト、そしてキャリアの集大成ともいえる近年のマイケル・シェンカー・フェストにもおすすめしたいアルバムは数多い。

年代にかかわらずに是非とも聞いていただければと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました