映画「エリック・クラプトン12小節の人生」あらすじは?サントラも

映画『エリック・クラプトン~12小節の人生~』予告編

エリック・クラプトンのドキュメンタリー映画「エリック・クラプトン~12小節の人生~」がこの秋公開される。

ブルースに人生を捧げたエリック・クラプトンの人生はさまざまな栄光に満ちた人生だが、その裏にある私生活での苦悩も描いた「ギターの神様」を描いた映画である。

映画のあらすじも気になるが、上映はいつからなのか?

また、サウンドトラック盤は、どんな内容なのか?

今回は、映画「エリック・クラプトン12小節の人生」上映はいつからかとあらすじ、サントラなどについて見ていく。

スポンサーリンク

「エリック・クラプトン12小節の人生」上映はいつ?

「エリック・クラプトン12小節の人生」上映はいつからか、まず気になるが、上映は2018年11月23日(金・祝)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーを予定している。

エリックク・ラプトン本人がナレーションを担当し、ジョージ・ハリスン、ジミ・ヘンドリックス、B.B.キング、ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・ビートルズ、ボブ・ディランなど豪華アーティストの貴重なアーカイブ映像がフューチャーされ、未発表の映像も公開されるということだ。

また、エリック・クラプトンのプライベートな日記や手書きの手紙、デッサンなども使用され、貴重な映像が見られるのは間違いなさそうである。

映画「エリック・クラプトン12小節の人生」概要

原題    「ERIC CLAPTON : LIFE IN 12 BARS」
邦題    「エリック・クラプトン~12小節の人生~」
監督    リリ・フィニー・ザナック(「ドライビングMissデイジー」製作) 
製作    ジョン・バトセック(「シュガーマン 奇跡に愛された男」、「We Are X」) 
編集    クリス・キング(「AMY エイミー」)、 ポール・モナハン
音楽    グスターボ・サンタオラヤ(「ブロークバック・マウンテン」)
製作年   2017年
製作国   イギリス
上映時間  135分

出演ミュージシャン
エリック・クラプトン、B.B.キング、ジョージ・ハリスン、パティ・ボイド、ジミ・ヘンドリックス、ロジャー・ウォーターズ、ボブ・ディラン、ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・ビートルズなど

スポンサードリンク

映画「エリック・クラプトン12小節の人生」のあらすじ

エリック・クラプトンというと黒人ブルースに憧れてブルースにその人生を捧げてきた、というのが筆者のイメージであるが、私生活は波乱万丈で波乱に満ちたものとなっている。

エリック・クラプトンの私生活で真っ先に頭に思い浮かぶのは、

母親からの拒絶

親友ジョージ・ハリスンの妻パティ・ボイドとの略奪愛

最愛の息子コナーのアパートからの転落死

など、他にもたくさんあるが、とにかく浮き沈みの激しい人生であることが容易に想像できる。

常に安住の地を求めていたというか、幼少期に愛情が少なかったのか、常に不安定だったような印象がある。

本人も「自殺しなかったのは、酒が飲めなくなるから」と言っている通り、アルコールに依存する時期もあった。

また、その一方で「音楽がボクを救った。ギターで世界と向き合えた」とギターと音楽が自分を救ったことも明かしている。

そんなドラマのような壮絶な人生を描いたもので、自分の居場所を見つけるまでの葛藤を振り返る。

映画のサントラ盤は初期のベスト・アルバム

映画「エリック・クラプトン12小節の人生」の公開に伴って、サウンドトラック盤がすでに発売されている。

内容は、エリック・クラプトンのキャリア初期のベスト・アルバムといったところで、最後の収録曲であある「ティアーズ・イン・ヘヴン」が最新の曲だ。

聞きどころは、やはり6曲の未発表曲だろう。

CD1-16「スプーンフル」(クリーム)は、1968年10月LAフォーラムでのライブ・バージョンで、17分に及ぶ熱演。

CD2-2「アフター・ミッドナイト」CD3-3「レット・イット・レイン」は、エリック・クラプトン自らがミックスしたバージョン。

CD2-4「心の平静」は、後にソロ・アルバムにも収録されるが、そのデレク&ドミノスによるヴァージョン。

CD2-10「リトル・ウィング」は、「ライヴ・アット・フィルモア」に収録されたのとは異なる10月24日のバージョン。

CD2-12「アイ・ショット・ザ・シェリフ」は、これまでのバージョンより長いフル・レングス・ヴァージョンでの収録。

CD2-13「リトル・クイーニー」は、チャック・ベリーのカヴァーで、アルバム「461オーシャン・ブールヴァード」に伴うツアーから「ロング・ビーチ・アリーナ」でのライブ・バージョン。

いずれもファンなら無視できない貴重なバージョンといえるだろう。

「LIFE IN 12 BARS」  エリック・クラプトン

 

 

 

 

 

 

 

 

CD1
1. バックウォーター・ブルース

2. マイ・ライフ・イズ・ルーインド
3. ガット・マイ・モジョ・ワーキング(ライヴ・アット・ニューポート)
4. アイ・ウィッシュ・ユー・ウッド
5. フォー・ユア・ラヴ
6. ステッピン・アウト
7. オール・ユア・ラヴ(MONO)
8. アイ・フィール・フリー(MONO)
9. ストレンジ・ブルー
10. サンシャイン・ラヴ
11. グッド・トゥ・ミー
12. クロスロード(ライヴ・アット・ウィンターランド)
13. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
14. バッジ
15. ホワイト・ルーム(ライヴ・アット・オークランド・コロシアム)
16. スプーンフル(ライヴ・アット・LAフォーラム)未発表
17. プレゼンス・オブ・ザ・ロード

CD2
1. カミン・ホーム(ライヴ・アット・フェアフィールド・ホールズ)
2. アフター・ミッドナイト(エリック・クラプトン・ミックス)(未発表)
3. レット・イット・レイン(エリック・クラプトン・ミックス)(未発表)
4. 心の平静(未発表)
5. マイ・スウィート・ロード
6. 庭の木
7. だれも知らない
8. ベル・ボトム・ブルース
9. いとしのレイラ
10. リトル・ウィング(ライヴ・アット・フィルモア・イースト)(未発表)
11. ゴット・トゥ・ゲット・ベター・イン・ア・リトル・ホワイル
12. アイ・ショット・ザ・シェリフ(フル・レングス・ヴァージョン)(未発表)
13. リトル・クイーニー(ライヴ・アット・ロング・ビーチ・アリーナ)(未発表)
14. メインライン・フロリダ
15. ティアーズ・イン・ヘヴン

まとめ

今回は、映画「エリック・クラプトン12小節の人生」上映はいつからかとあらすじ、サントラなどについて見てきた。

「ギターの神様」も私生活では波乱万丈で、人間の悲哀をいやというほど味わった人生であったようだ。

映画「エリック・クラプトン12小節の人生」を見終えた後で聞くエリック・クラプトンの音楽は、きっと以前とは違って響くことだろう。

エリック・クラプトン本人がナレーションを務めたり、力の入れようは半端ではないので単なる音楽ドキュメンタリーの映画とは一線を画す注目の作品なのは間違いなさそうだ。

その他のエリック・クラプトンの記事は、こちらからどうぞ!
☞ エリック・クラプトン生涯の名曲「いとしのレイラ」収録の最高傑作

☞ クラプトンがクリスマス・アルバムって本当?収録曲とボックスセット

☞ エリック・クラプトン来日公演2019日程と会場は?チケット情報も

コメント

タイトルとURLをコピーしました