ブラック・サバスのアルバム?名曲にして名盤「ヘヴン&ヘル」

「ヘヴン&ヘル」 ブラック・サバス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収録曲
1. ネオンの騎士
2. チルドレン・オブ・ザ・シー

3. レディ・イーヴル
4. ヘヴン・アンド・ヘル
5. ウィッシング・ウェル
6. ダイ・ヤング
7. ウォーク・アウェイ
8. 孤独の定め

メンバー
ギター:トニー・アイオミ                  
ヴォーカル:ロニー・ジェームズ・ディオ           
ベース:ギーザー・バトラー                  
ドラムス:ビル・ワード

スポンサーリンク

ブラック・サバスとの出会い

名盤「レインボー・ライジング」(虹を翔ける覇者)で、ハードロックの洗礼を受け、「STRAIGHT BETWEEN THE EYES」(闇からの一撃)で少々ガッカリした少年は、「レインボー・ライジング」(虹を翔ける覇者)のシンガーは何やってるんだろうなぁ、と初期のレインボー・サウンドを懐かしんでいた。

そんな時だった。同級生が、「ロニー・ジェームズ・ディオなら、ブラック・サバスにいるよ。」と教えてくれたのである。

さすが、俺の同級生、なんでも知っている。

早速、借りたアルバムがこのブラック・サバスの9thアルバム「ヘヴン&ヘル」である。

1980年の発表だが、聞いたのは1983年である。

スポンサードリンク

従来のブラック・サバスとは違うテイストの名盤

一聴して思った。「これって、レインボーじゃん!」。

当時は、ロニー・ジェームズ・ディオ加入前のブラック・サバスは聞いたことがなかったので、比較のしようもなかったが、初期のレインボー・サウンドが大好きだった少年には何の違和感もなく入れた。

レインボーの「LONG LIVE ROCK’N’ROLL」(バビロンの城門)に続くアルバムと言われても疑わなかったかもしれない。

ブラック・サバス目線ではなく、完全にロニー・ジェームズ・ディオ目線だったのである。

オープニングの「ネオンの騎士」から快調に飛ばしてくれている。

大作の名曲「ヘヴン&ヘル」でA面を締め、そしてB面の「ダイ・ヤング」はまるでレインボーだ。

これも超名曲だ。

ブラック・サバスというよりレインボー初期の印象

アルバム丸ごとロニー・ジェームズ・ディオの世界観全開なのではないか?

当時、少年の求めていたサウンド・世界観と完全に一致しており、やっと見つけたぞって感じであった。

当時、ブラック・サバスが何者であるかもわかっていなかったのだが、他のメンバーもロニー・ジェームズ・ディオの長所を存分に生かそうという思いだったのではないか?

レインボー・サウンドとの融合なんて言われていたものだが、それがこのアルバムではうまくいっている。

賛否両論あったようだが、名曲の多い「ヘヴン&ヘル」は今ではブラック・サバスの押しも押されぬ名盤として高く評価されている。

まとめ

今回は、ブラック・サバスの名曲にして名盤「ヘヴン&ヘル」を見てきた。

ブラック・サバスといえばオジー・オズボーン時代、ロニー・ジェームズ・ディオ時代、トニー・マーティン時代と大まかではあるがシンガーによって3つの時代に分けられる。

活動期間も長期に渡るため、おすすめのアルバムも数多く、どれが一番とは絞り切れない。

名曲も数多い。

しかし、ロニー・ジェームズ・ディオ時代なら間違いなくこの名盤「ヘヴン&ヘル」で決まりだ。

他の時代にもそれぞれに名盤が生まれてはいるが、どのシンガーが好みなのかで聞く人の名盤が変わってくるのではないか?

少年の場合は、それがロニー・ジェームズ・ディオであった。

ブラック・サバスはトニー・アイオミの歴史そのものである。

核にトニー・アイオミがいて、シンガーの違いでその色を変えてきたバンドである。

近年、がんを患い闘病中ではあるが、できることなら1度だけでもライブを見ておきたいバンドである。

その他のブラック・サバスの記事はこちらからどうぞ!
☞ ブラック・サバス解散で名曲やアルバムももう出ない?!

コメント

タイトルとURLをコピーしました