スポンサーリンク
ボン・ジョヴィ

ボン・ジョヴィらしい曲満載の4thアルバム「ニュー・ジャージー」

ボン・ジョヴィなら、4thアルバム「ニュー・ジャージー」がおすすめ!何といっても曲がいい。ボン・ジョヴィらしい曲が満載である。80年代ボン・ジョヴィの不滅の金字塔であり、最高傑作の呼び声高い4作目のアルバム。
クイーン

クイーンの「オペラ座の夜」はジャンルを超えたおすすめの名盤!

「A NIGHT AT THE OPERA」(オペラ座の夜)は、クイーンの1975年発表の第4作で、ジャンルを超えた名盤である。「ボヘミアン・ラプソディー」が収録された名盤で、多彩な楽曲にメンバーの才能があふれている。クイーンの最高傑作としておすすめ!
ジミ・ヘンドリックス

ジミ・ヘンドリックスの代表曲収録のアルバム「スマッシュ・ヒッツ」

「スマッシュ・ヒッツ」は、ジミ・ヘンドリックスのベスト・アルバムであり、入門には最適な1枚。これを聞いて気に入ったらスタジオ盤やライブ盤に進むのがおススメ。
ヴァンデンバーグ

ヴァンデンバーグの「誘惑の炎」は極上のメロディーが光る名盤!

「Heading for a Storm」(誘惑の炎)はヴァンデンバーグのセカンド・アルバム。極上のメロディーが詰まったアルバムで、曲もキャッチーかつドラマティックで、80年代ハードロックの王道的な名盤である。
ジョー・リン・ターナー

レインボー「BENT OUT OF SHAPE」虹の最終到達点

「BENT OUT OF SHAPE」レインボーのラストアルバム。ジョー・リン・ターナーの歌いまわしが光る1枚で、これで解散したのが惜しまれる。レインボー裏の名盤である。
ディオ

ディオのデビュー作にして最高傑作「HOLY DIVER」

「HOLY DIVER」は、ディオのデビュー・アルバム。レインボー~ブラック・サバスを経て結成したロニー・ジェームズ・ディオのリーダー・バンドであるが、すでにその音楽的スタイル・サウンドは完成されており、最高傑作の呼び声も高い。
トニー・アイオミ

ブラック・サバスのアルバム?名曲にして名盤「ヘヴン&ヘル」

ブラック・サバス「ヘヴン&ヘル」は、スタジオ9thアルバムで、レインボーを脱退したロニー・ジェームズ・ディオをヴォーカルに迎えて制作された名曲にして名盤。従来からのサバス・サウンドにレインボー・サウンドが加わった80年代ブラック・サバスの名盤である。
J-メタル

ラウドネスのサードアルバム「魔界典章」の感想!曲とギターに衝撃

こちらでは、ラウドネスの「The Law Of Devil's Land~魔界典章~」についてまとめてみた。 ラウドネスのサードアルバムで、日本ヘヴィメタル史に残る傑作。この数年後、メジャー契約を果たすことになる初期ラウドネスの集大成である。
イングヴェイ・マルムスティーン

イングヴェイがアルカトラスでデビュー!ギター新時代の到来!

「NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL 」は、アルカトラスのデビュー・アルバムであるとともにイングヴェイのメジャー・デビュー・アルバム。グラハム・ボネットが結成した自身のバンドであるが、ストラトキャスターを弾くイングヴェイの速弾きが大いに話題になった。
ヨーロッパ

ヨーロッパ「幻想交響詩」元祖北欧メタルの水晶のごときメロディー!

「幻想交響詩」は、ヨーロッパのデビュー・アルバムである。この後、「ファイナル・カウントダウン」が全世界でブレイクする。水晶のごときメロディーが洪水のごとく押し寄せる。北欧メタルとしての先駆者である彼らのサウンドの秘密に迫る。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました