ギターのチューニングが2弦だけ合わない!3弦との間が3度の理由

ギターを弾く前にはチューニングが付き物であるが、慣れるまではなかなかうまくいかないものだ。

特にどういうわけか2弦だけチューニングが合わないということがよくある。

筆者もギターを始めたばかりの頃、よく経験したがこれはいったいどういうことなのだろうか?

原因も気になるし、2弦と3弦との間だけが3度の理由も気になるところだ。

今回は、ギターのチューニングが2弦だけ合わない原因と2弦と3弦との間だけが3度の理由を見ていきたいと思う。

スポンサーリンク

ギターのチューニングが2弦だけ合わない

ギターのレギュラーチューニングは、6弦=E(ミ)、5弦=A(ラ)、4弦=D(レ)、3弦=G(ソ)、2弦=B(シ)、1弦=E(ミ)である。

各弦の音は何度もチューニングをやっていくうちに自然に覚えていくはずだから、最初のうちは覚えられなくても心配する必要はない。

そして、チューニングをする場合は多くの人はチューナーを使って行っていると思うのだが、6弦のE音からチューニングをスタートして基本的に各弦は1弦方向に向かって4度進行でチューニングしていく。

これに沿ってチューニングしていくとEの4度上はA、Aの4度上はD、Dの4度上はGという具合だ。

この順番でいくと、3弦Gの4度上で2弦はCということになるのだが、実際は2弦Bだけは3度上のBになっている。

そして、2弦Bの4度上で1弦はEになる。

そしてここれがギターの2弦だけチューニングが合わない原因となる。

ギターのチューニングが2弦だけ合わない時の対処方法

2弦だけは、巻き過ぎて1弦Eになりやすく、逆に緩めれば4Dになりやすくなる。

わからないとチューナーが故障しているのではないかと疑ってしまうこともあるが、たいていそうではなく2弦=B(シ)よりかなりずれた音でも気づいていない場合がほとんどだ。

これをチェックするには3弦の4フレットを押さえ、その音程に2弦開放弦の音を合わせてみれば簡単にわかる。

もし同じ音になっていればチューニングは正しく行われていたということだから、チューナーが正しく表示されない場合は故障の可能性もあるというわけだ。

音感を養うのにも役立つチェック方法だから、チューニングが2弦だけ合わない時は簡単だからぜひ試してほしい。

ギターの2弦と3弦の間だけ3度の理由

ギターのチューニングが2弦だけ合わない原因はわかったが、ではなぜギターは2弦と3弦の間だけ3度なのだろうか?

他はすべて4度なのだからどう考えても不自然な気がする。

これにはもちろん理由があって、逆に3度でなければギターを弾く上で不都合なことが起きてきてしまう。

その不都合なことというのがコードで、もしすべて4度進行でチューニングするとスケールなどの単音ではなんとかなるがコードを押さえるのにかなり問題が発生する。

わかりやすい例がセーハで、もし2弦と3弦の間が3度でなければ、4~6弦は問題ないが2弦はそうはいかない。

想像してみれば明らかで、とても今のようには押さえられない。

もしギターがコードを弾かない楽器ならすべて4度進行で問題なかっただろう。

実際、単音メインのベースは、弦が5本以上でもすべて4度でチューニングである。

もちろん最初から今のようなチューニングではなかったが、本当にうまくできていて感心する。

ギターは2弦と3弦の間だけ3度であるからこそ伴奏もメロディー弾きも可能にし、”ギターは小さなオーケストラ”と呼ばれるようになったのではないだろうか。

まとめ

今回は、ギターのチューニングが2弦だけ合わない原因と2弦と3弦との間だけが3度の理由を見てきた。

ギターのチューニングが2弦だけ合わないのは、ギターは基本的に各弦は1弦方向に向かって4度進行なのに2弦Bだけは3度上のBになっているのが原因である。

また、2弦と3弦との間だけが3度の理由はコードを押さえやすくするためで、逆に2弦と3弦の間だけ3度であるからこそ伴奏も可能にしているともいえる。

ギターの不思議な部分かもしれないが、こうして掘り下げてみるとすべて理にかなっているといえる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました