下山武徳

スポンサーリンク
下山武徳

下山武徳のウェイ・オブ・ライフの感想!魂のシンガーの現在形を凝縮

こちらでは、魂のシンガーの現在形が凝縮された下山武徳の「ウェイ・オブ・ライフ」の感想を綴ってみた。下山武徳の通算3作目のソロ・アルバム「ウェイ・オブ・ライフ」はどんなアルバムに仕上がっているのか、9年ぶりとなったがそこにはどんな変化が?
J-メタル

梶山章&下山武徳「Into The Deep」で待望の共演と終焉

こちらでは、待望の共演、そしてあっけない終焉となった梶山章&下山武徳「Into The Deep」の感想を綴ってみた。良質なハード・ロック・ナンバーが並びこれで終わったのが惜しまれる。特に下山武徳が母への思いを綴った「MOTHER」は感動の1曲。
J-メタル

ダブル・ディーラー最終作は最高傑作!下山武徳と島紀史の再共演は?

「DESERT OF LOST SOULS」ダブル・ディーラーの4作目にして最終作。前作をさらにヘヴィでラウドにした音楽性で、さらなる高みを目指す意気込みを感じる。進化の過程での最終作だが、最高傑作といっても過言ではない。
J-メタル

下山武徳「アコースティック~always live on」の感想

下山武徳の初ソロ・アルバム「アコースティックC~always live on 」は人生観が凝縮された名作である。人間臭くもありながらも歌に込められた思いが胸に突き刺さる。歌のうまさはもちろんだが、その歌詞にも注目してほしいアルバム!
J-メタル

ダブル・ディーラー「LIVE IN TOKYO2005」の衝撃!

「FATE&DESTINY TOUR 2005 LIVE IN TOKYO」:ダブル・ディーラーのライブをはじめて体験した筆者のライブ・レポート。想像を絶する下山武徳の歌、シュレッドな島紀史のギターとタイトなバンドの演奏。2000年代を代表するJ-メタルのバンドとして記憶しておいてほしい。
J-メタル

下山武徳と島紀史がダブル・ディーラーで運命の出会いと共演!

「ダブル・ディーラー」は、コンチェルト・ムーンの島紀史とサーベル・タイガーの下山武徳の運命の出会い、そして共演である。その壮絶な歌声に圧倒された筆者にとっても運命の出会いであった。楽曲・演奏ともハイレベルな日本ヘヴィ・メタル/ハード・ロックにおける忘れてはならない名盤である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました