雨の日のギターの持ち運び方法は?防水対策と濡れた場合の対処法


湿気は楽器の大敵で、ギターも例外ではない。

の日は荷物も多くなり、きちんと防水対策をしておかないと大事な愛器が傷んでしまうことも…。

万が一濡れた場合は対処法も知っておいて損はない。

雨の日のギターの持ち運び方法は、どうすればいいのだろうか?

今回は、雨の日のギターの持ち運び方法として防水対策と濡れた場合の対処法などを見ていきたいと思う。

スポンサーリンク

雨の日のギターの持ち運び方法は?

雨の日は傘をさしてしまうと片手は完全に使えなくなってしまい、その上、手で持つタイプのギターケースを持った場合はこれだけで両手がふさがってしまう。

そこで、おすすめなのが背負うタイプのギターケースだ。

ソフト、ハードどちらのタイプもあるから、雨の日にはおすすめだ。

また、手で持つタイプのギターケースの場合、ケースポーターやキャリングポーターといわれるグッズを活用することによって、背負うようにもできるから試してみる価値ありだ。

これならハードケースでも快適に持ち運ぶことができる。

さらに荷物が多い場合には、キャリーカートがおすすめだ。

いわゆる台車であるが、楽器用に作られていてゴム紐でしばって運べる上、エフェクターなどあらゆるものもいっしょに持ち運びできるので、荷物の多い時には威力を発揮すること間違いなしだ。

スポンサードリンク

雨の日のギターの持ち運びの防水対策

続いて、防水対策。

雨の日のギターの持ち運びで最も重要なのが、この防水対策かもしれない。

なにせ湿気はギターにとっては大敵だからだ。

傘だけでは、心もとないからひと工夫必要だ。

基本的には、次の2点。

・ギターのケースには、乾燥剤を入れる

・ケースの上からさらにビニール袋をかぶせる(さらにガムテープで塞ぐとよりベター)

防水スプレーの使用

ギターをケースに入れて持ち運びするのは当然として、ケースの中には乾燥剤を入れておくといいだろう。

さらに雨がケースの中に入らないようにビニール袋をかぶせるのがおすすめで、ギター専用のギターケース用レインカバーというのもある。

つまり、ギターケースとビニール袋で密閉して、二重にギターを守ることになる。

特にソフトケースの場合は、チャックの隙間から雨が染み込んでくるから要注意だ。

雨に備えて、常にこれら防水対策グッズをケースなどに入れておくといいだろう。

雨でギターが濡れた場合の対処法

最後に、防水対策はしたけれど雨でギターが濡れたしまったという場合の対処法も見ておこう。

雨でギターが濡れたからといって、そんなに悲観することはない。

ギターに大きなトラブルが起こりやすいのは、湿気よりもむしろ乾燥の場合が多く、たいていの場合、すぐにタオルなどで水分を拭き取って乾かせば問題ないからだ。

ネックが反ってしまうこともあるが、乾くともとに戻ることが多い。

ポイントは、すぐに拭き取るということと、拭き取った後は必ずケースから出しておくということ。

ギターケースもかなり水分を含んでいるはずだから、タオルで拭き取ったり、新聞紙を詰めるなどしてその後は風通しのいい場所に置いておくといいだろう。

扇風機で乾かしてもOKだ。

まとめ

今回は、雨の日のギターの持ち運び方法として防水対策と濡れた場合の対処法などを見てきた。

雨の日のギターの持ち運び方法は、荷物をいかに減らせるかがポイントになる。

そのためには背負うタイプのギターケースがおすすめで、荷物が多い場合には、キャリーカートがおすすめだ。

また、防水対策としては、乾燥剤・ビニール袋・防水スプレーが3点セットになる。

いずれも雨に備えて、常にこれら防水対策グッズをケースなどに入れておくといいだろう。

雨でギターが濡れた場合には、すぐに拭き取るということと、拭き取った後は必ずケースから出しておくのがポイントだ。

少々濡れる程度ならその後の対処でギターに致命傷になることは少ないと思われるが、一応の備えはしておくに越したことはないないだろう。

できるだけ雨で濡らさないように気をつけよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました