ディープ・パープル

スポンサーリンク
ディープ・パープル

ディープ・パープル「紫の炎・バーン」は第3期メンバーによる名盤

こちらでは、第3期メンバーによるディープ・パープルの名盤「紫の炎・バーン」についてまとめた。名曲「紫の炎・バーン」を収録し、ややブルース色が強くなった第3期ディープ・パープルの名盤だが、他にも「Mistreated」など聞き所の多い名盤である。
ディープ・パープル

ディープ・パープルの最高傑作は?「マシン・ヘッド」がおすすめ!

こちらでは、ディープ・パープルの最高傑作の誉れ高い「マシン・ヘッド」についてまとめた。ディープ・パープルの最高傑作といえば「マシン・ヘッド」といわれるほどだが、その人気の秘密を探った。さらに「マシン・ヘッド」の先のおすすめのアルバムも紹介!
ディープ・パープル

ディープ・パープル「ライブ・イン・ジャパン完全版」は永遠の名作!

こちらでは、ディープ・パープル「ライブ・イン・ジャパン完全版」に見た理想の音楽についてまとめた。一般のファンにはオリジナルの「ライブ・イン・ジャパン+アンコール集」か「ライブ・イン・ジャパン」がおすすめ。絶交期ののディープ・パープルがここに!
ディープ・パープル

ディープ・パープル来日2018のセトリを予想!ライブは定番曲で!

こちらでは、「ディープ・パープル来日2018のセトリを予想!ライブは定番曲で!」と題して、ディープ・パープルの来日セットリストなどをまとめた。ディープ・パープルを代表する定番曲が中心になるのは間違いないが最新のセットリストも紹介しながら予想してみた。
ジョー・リン・ターナー

ディープ・パープルのアルバムが虹色に!「SLAVES AND MASTERS」

「SLAVES AND MASTERS」ディープ・パープルにジョー・リン・ターナーが参加した唯一のアルバム。後期レインボーの音楽性を継承したサウンドは賛否両論分かれるが、レインボーをディープ・パープルで演奏するとこうなるという興味深い1枚に仕上がっている。再結成ディープ・パープル裏の名盤といったら言い過ぎか?
ディープ・パープル

第2期ディープ・パープル再結成来日!「ハイウェイスター」が甦る!

リッチー・ブラックモアをついに見た!「DEEP PURPLE JAPAN TOUR ❜85」再結成ディープ・パープルの来日公演を見た少年の回顧録です。かつてのマジックは存在しなかったが、なお活動を続ける伝説のバンドの歴史を振り返る。
ディープ・パープル

ディープ・パープル「バーン」に衝撃!第3期ベスト・ライブ・アルバム

リッチー・ブラックモアのディープ・パープルにおけるラスト・ライブを収録したディープ・パープル「ライブ・イン・パリ」。第3期ディープ・パープルのベスト選曲のライブ・アルバムであり、オープニングの「バーン」からラストの「ストームブリンガー」まで一気に聞かせる。
ディープ・パープル

ディープ・パープル「ライブ・イン・ジャパン」は究極のライブ・アルバム

数あるロックのライブアルバムの中でも最高峰といわれるディープ・パープル「ライブ・イン・ジャパン」。ディープ・パープルの1972年の初来日公演を収録したベスト選曲のライブ・アルバムである。このアルバムに出会った時の少年の衝撃とアルバムの背景を語るページです。
ディープ・パープル

第2期ディープ・パープルの初アルバム「イン・ロック」黄金時代の幕開け

「イン・ロック」は第2期ディープ・パープルの初アルバム。「マシン・ヘッド」が最高傑作といわれるディープ・パープルだが、「イン・ロック」は、荒削りで破壊的なハード・ロックの醍醐味がギッシリ詰まっている。リッチー・ブラックモアの音楽生命を賭けたアルバムでもあり、その魅力を様々な面から語った。
ディープ・パープル

ディープ・パープル入門におすすめのアルバム「ディーペスト・パープル」

はじめてディープ・パープルのアルバムを聞くなら「DEEPEST PURPLE」がおすすめ。収録曲は第2期と第3期限定で、ライヴでの定番曲をほとんど網羅する、まさにリアルベストアルバム。ディープ・パープル入門にピッタリで、これを気に入ったら、他のアルバムを聞いていくのがおすすめです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました