レインボー「ライヴ・イン・ミュンヘン1977」ハード・ロック不滅の世界遺産

「ライヴ・イン・ミュンヘン 1977」 レインボー

1. Kill The King
2. Mistreated
3. Sixteenth Century Greensleeves
4. Catch The Rainbow
5. Long Live Rock ‘N’ Roll
6. Man On The Silver Mountain
7. Still I’M Sad
8. Do You Close Your Eyes 

レインボー〜ライヴ・イン・ミュンヘン 1977【初回限定盤】 [ レインボー ]

ギター:リッチー・ブラックモア                    
ヴォーカル:ロニー・ジェイムズ・ディオ                  
ドラムス:コージー・パウエル                      
ベース:ボブ・デイズリー                   
キーボード:デヴィッド・ストーン

スポンサーリンク

レインボー初期の傑作「ライヴ・イン・ミュンヘン1977」

レインボーの1977年10月20日、ドイツ・ミュンヘンのオリンピアホールでのライヴを完全収録した映像作品がこのライヴ・イン・ミュンヘン 1977である。

リッチー・ブラックモア、ロニー・ジェームズ・ディオ、コージー・パウエルの3人が揃った、いわゆる三頭政治といわれている時代のもので、この時期をレインボーの黄金期とみなすファンは多い。

当時はドイツのTV番組「ロックパラスト」で放映され、日本でもNHK「ヤング・ミュージック・ショー」でダイジェスト版が放映されている。

その後、非公式の完全収録のビデオが流通し、ファンの間では公式版の発売が待ち望まれていた‟伝説のライヴ”である。

現在こうしてリマスタリングが施された完全盤が存在するのは、レコード会社のファインプレーともいえるだろう。

スポンサードリンク

コージー・パウエルのドラム・ソロからリッチー・ブラックモアのギター・クラッシュまで!

ライヴは、当時まだ未発表だった「Kill The King 」で幕を開けるが、オープニングから凄まじい緊張感が漲っている。

続くディープ・パープルの「Mistreated」では、もはや完全にレインボーの曲だと言わんばかりだ。

どの曲もスタジオ・バージョンより長尺のアレンジで、ライヴならではの即興性に満ちた演奏となっている。

メンバー同士の個性のぶつかり合いがこの緊張感を生んでいるのは明らかだ。

そして、このライヴのハイライトのひとつが「Still I’M Sad」におけるコージー・パウエルのドラムソロである。

チャイコフスキーの「序曲1812年」を用いた、コージー・パウエルならではのショーマンシップに溢れ、これ以上のものはないと思わせるようなドラムソロだ。

そしてアンコールの「Do You Close Your Eyes」では、リッチー・ブラックモアの狂気のギター・クラッシュが展開されて、1時間50分の凄絶なステージの幕が閉じる。

Rainbow – Kill The King (Live in Munich 1977)

まとめ

レインボーが解散してから、再結成を望む声は後を絶たなかったが、その中でも最も望まれていたラインナップがこの時期のものである。

しかし、コージー・パウエルもロニー・ジェームズ・ディオもすでに故人となってしまい、今となってはかなわぬ願いとなってしまった。

昨年突如、レインボー名義のライヴが数回行われ、映像作品もリリースされたが、この「ライヴ・イン・ミュンヘン 1977」とは全く別のバンドといった感じだ。

アルバムごとに常にメンバー・チェンジを繰り返していたレインボーであるが、‟一期一会のライヴ”ともいえるこの夜を捉えたこの「ライヴ・イン・ミュンヘン 1977」は、ハード・ロックの世界遺産ともいえる貴重なものだ。

ロック・ファンなら、耳にして目にして損はないものだと思う。

この時代にしか実現しなかったレインボーの姿を堪能できる数少ない映像作品である。

その他のリッチー・ブラックモア、レインボーに関する記事はこちらからどうぞ!
☞ リッチーブラックモアズレインボーの伝説の始まり!「銀嶺の覇者」 

☞ レインボー・ライジング(虹を翔ける覇者)名曲たちが人生を変えた! 

☞ レインボー・オン・ステージはデラックス・エディションがおすすめ!

☞ キル・ザ・キング収録のレインボーの隠れた名盤「バビロンの城門」

☞ レインボーの名盤?史上最大の虹の変色「DOWN TO EARTH」

☞ レインボーのモンスターズ・オブ・ロック1980!ドニントンで完全燃焼

☞ レインボーのポップなアルバムなら「アイ・サレンダー」がおすすめ!

☞ レインボー「闇からの一撃」これがレインボーのアルバム? 

☞ レインボー「BENT OUT OF SHAPE」虹の最終到達点

☞ レインボー最後のリッチー!ライヴ・イン・ジャパン1984!

☞ レインボー再結成アルバム「STRANGER IN US ALL」 

☞ リッチー・ブラックモア(レインボー)の2018年来日はあるか?  

☞ リッチー・ブラックモアズ・レインボー来日情報いまだなし!  

☞ リッチー・ブラックモア最新情報2018!ライブ・アルバムとバーン 

☞ 「レインボー・ライヴ・ツアー・イン・ジャパン1976-1984」来日特集  

コメント

タイトルとURLをコピーしました