海外の有名ギタリストの代表作・ロック編!これだけは聞いてほしい!

海外の有名ギタリストといわれるといろいろな名前が浮かんでくると思うが、ここでは60年代から80年代にデビューした8人のギタリストを選んでみた。

若いファンには

「名前は知っているけれど、どのアルバムを聞いたらいいのかわからない?」

あるいは「どれが最高傑作?」

という方も多いと思う。

そこで今回は、ちょっと趣向を変えて「海外の有名ギタリストの代表作・ロック編!これだけは聞いてほしい!」と題して、海外の有名ギタリスト8人の初めて聞くのにおすすめのアルバムを紹介したいと思う。

選出された8人以外にもまだまだいるだろう、という声もありそうだが筆者の独断と偏見で頭に浮かんできた8人に絞らさせていただいたことを何卒ご容赦いただきたい。

スポンサーリンク

海外の有名ギタリストの代表作・ロック編

選出の基準は、海外の有名ギタリストの中でも、なるべく古い時代から活動していて若い世代のファンが名前は知っていてもアルバムは聞いたことがないかもしれないギタリスト。

ご存知の方も多いと思うが、この8人のギタリストはキャリアが長くアルバムも数多く発表しているギタリストが多い。

その長いキャリアの中からどれか1枚を選ぶのはメチャクチャ難しい。

人によってさまざまだからだ。

そんな中から入門用としての位置づけにちょうどいいアルバムを選ぶように心掛けた。

海外の有名ギタリストの代表作①~ジミ・ヘンドリックス

28歳の若さでこの世を去った天才ギタリストで、1942年11月27日生まれ1970年9月18日没のアメリカ人ギタリスト。
今回は選出した有名ギタリストのなかでは最も古いギタリストであるが、影響力は計り知れず、フェイヴァリット・ギタリストにジミ・ヘンドリックスの名を挙げるギタリストは多い。
ロック・ギターの元祖的な存在で、特にハード・ロックはジミ・ヘンドリックスから始まったといっても過言ではないだろう。
そんなジミ・ヘンドリックスのおすすめの1枚はこちら!

「エクスペリエンス・ヘンドリックス〜ベスト」

ベスト・アルバムではあるが、「パープル・ヘイズ」「リトル・ウィング」などジミ・ヘンドリックスの代表曲がかなり網羅されており、リマスターされて音もいい。

海外の有名ギタリストの代表作②~リッチー・ブラックモア

ディープ・パープル、レインボー、ブラックモアズ・ナイトのギタリストで、1945年4月14日生まれのイギリス人ギタリスト。
非常にアグレッシブなギター・プレイで”狂気のギタリスト”の異名をとる。
当時ブルースを主体としたプレイが多かったロック・ギターにクラシックの要素を持ち込んだ。
そんなリッチー・ブラックモアのおすすめの1枚はこちら!

「ディープ・パープル・ライヴ・イン・ジャパン」

数あるロックのライブ・アルバムの中でも最高峰といわれるアルバムで、スリリングなインプロビゼーションを満喫できる。

「ハイウェイ・スター」「スモーク・オン・ザ・ウオーター」などロック史に残る名曲を収録。
1972年の発表。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ディープ・パープル「ライブ・イン・ジャパン」は究極のライブ・アルバム 

海外の有名ギタリストの代表作③~ジミー・ペイジ

世界三大ロック・ギタリストのひとりで、レッド・ツェッペリンのギタリストのジミー・ペイジは1944年1月9日生まれのイギリス人ギタリスト。
名曲「天国への階段」が有名だが、レッド・ツェッペリンではフォーク・カントリーからハード・ロックまで幅広い音楽性を披露してきた。
そんなジミー・ペイジのおすすめの1枚はこちら!

「レッド・ツェッペリンⅣ」

どれか1枚となると「天国への階段」収録のこのアルバムか。
他にも「ロックンロール」「ブラック・ドッグ」などの代表曲を収録。
1971年の発表。

こちらの記事もも合わせてどうぞ!
☞ レッド・ツェッペリンⅣの感想!究極の名曲「天国への階段」を収録 

海外の有名ギタリストの代表作④~ジェフ・ベック

世界三大ロック・ギタリストのひとりで、1944年6月24日生まれのイギリス人ギタリスト。
ロック・ギタリストという立ち位置からジャズ・フュージョン系のアプローチが個性的で、愛器ストラトキャスターのアーミングを駆使したプレイは独特。
そんなジェフ・ベックのおすすめの1枚はこちら!

「ブロウ・バイ・ブロウ 」

ギター・インストゥルメンタルの最高傑作といわれているアルバムで代表曲「哀しみの恋人達」を収録。
1975年の発表。

海外の有名ギタリストの代表作⑤~エリック・クラプトン

世界三大ロック・ギタリストのひとりで、1945年3月30日生まれのイギリス人ギタリスト。
”スローハンド”とも呼ばれ、クリームではハード・ロックをプレイしていたが、その後はブルース色の強いプレイを続けている。
そんなエリック・クラプトンのおすすめの1枚はこちら!

「いとしのレイラ」

名曲「いとしのレイラ」を収録した70年代の歴史に残る名盤でデュアン・オールマンとともに水を得た魚のようにのびのびとプレイするクラプトンが印象的だ。
1972年の発表。

こちらの記事もも合わせてどうぞ!
☞ エリック・クラプトン生涯の名曲「いとしのレイラ」収録の最高傑作

海外の有名ギタリストの代表作⑥~マイケル・シェンカー

スコーピオンズ、UFO、マイケル・シェンカー・グループなどのギタリストで、1955年1月10日生まれのドイツ人ギタリスト。
”ミスター・フライングV”の異名を取り、クラシカルなメロディー・センスが独特の雰囲気を醸し出す。
そんなマイケル・シェンカーのおすすめの1枚はこちら!

「神-ザ・マイケル・シェンカー・グループ」

UFO脱退後、復活を遂げたマイケル・シェンカーの歴史に残る傑作。
「アームド・アンド・レディ」「 クライ・フォー・ザ・ネーションズ」「イントゥ・ジ・アリーナ」など今でもライブの定番となっている代表曲を収録。
1980年の発表。

こちらの記事もも合わせてどうぞ!
☞ マイケル・シェンカー「神」の感想!復活を告げる80年代の最高傑作 

海外の有名ギタリストの代表作⑦~ゲイリー・ムーア

シン・リジィなどのギタリストで、1952年4月4日生まれ2011年2月6日没の北アイルランド人ギタリスト。
”ミスター・ギター・クレイジー”とも呼ばれ、ブルースやアイリッシュ・トラッドなどをベースにしたハード・ロックをプレイしていたが、1990年からはブルース・ギタリストとしてブレイク。
フィギュアスケートの羽生結弦選手の「パリの散歩道」はゲイリー・ムーアの曲。
そんなゲイリー・ムーアのおすすめの1枚はこちら!

「ワイルド・フロンティア」

ゲイリー・ムーアのハード・ロック時代の傑作でアイリッシュ・トラッドを取り入れた作風。
曲の中に自然に溶け込むギター・プレイが秀逸で、インストゥルメンタル「ザ・ローナー」は時代を超えた名演。
1987年の発表。

こちらの記事もも合わせてどうぞ!
☞ ゲイリー・ムーア「ワイルド・フロンティア」の感想!ザ・ローナー収録  

海外の有名ギタリストの代表作⑧~ランディ・ローズ

クワイエット・ライオット、オジー・オズボーン・バンドで活躍し、25歳の若さでこの世を去った天才ギタリストで、1956年12月6日生まれ1982年3月19日没のアメリカ人ギタリスト。
クラシック音楽に傾倒し、クラシック・ギターを愛し、オジー・オズボーン・バンドにもクラシックの要素を持ち込んだ。
そんなランディ・ローズのおすすめの1枚はこちら!

「ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説」

オジー・オズボーンのソロ・デビュー作でありながら、クラシカルなギター・プレイが圧巻の名盤。
「クレイジー・トレイン」「ミスター・クロウリー」など今でもオジー・オズボーンのライブの定番曲を多数収録。
1980年の発表。

こちらの記事もも合わせてどうぞ!
☞ オジー・オズボーン運命のギタリスト!ランディ・ローズの名曲満載! 

海外の有名ギタリストの代表作・ロック編のまとめ

今回は、「海外の有名ギタリストの代表作・ロック編!これだけは聞いてほしい!」と題して、海外の有名ギタリスト8人の初めて聞くのにおすすめのアルバムを紹介してきた。

代表作を1枚選ぶのは大変なことだったが、どれも聞いておいてほしいアルバムばかりだ。

どれから手を付けたらいいのかわからない若い世代のファンの参考になればと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました