世界三大ギタリストはだれ?ジミ・ヘンドリックスは入ってないの?

よくいわれる世界三大ギタリストであるが、ご存知だろうか?

人気・実力を兼ね備え、今なお個性的なギター・プレイでファンを魅了し続けている。

しかし、ここにジミ・ヘンドリックスの名が入っていないのも不思議だ。

世界三大ギタリストは何物で、なぜジミ・ヘンドリックスは入っていないのだろうか?

今回は、「世界三大ギタリストはだれ?ジミ・ヘンドリックスは入ってないの?」と題して、世界三大ギタリストについて見ていきたいと思う。

スポンサーリンク

世界三大ギタリストはだれ?

そもそも、世界三大ギタリストとは、いつどこから始まったのか?

はっきりしたことは定かではないが、雑誌か何かで、知名度、テクニック、音楽性などから総合的に判断して決めたものではないかと思われる。

その結果、選ばれたのがエリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジの3人である。

3人とも実力者であるのはもちろんだが、それぞれ独特の個性を持ち、人気も高い。

その他の共通点として、

・同世代(3人とも1944・45年生まれ)

・イギリス人

・ヤードバーズのメンバー

だったことなどがあげられる。

スポンサードリンク

ちなみにヤードバーズの在籍期間は、

・エリック・クラプトン(1963年~1965年)

・ジェフ・ベック(1965年~1966年)

・ジミー・ペイジ(1966年~1968年)

と、間を置かずして世界三大ギタリストが入れ替わり加入しているところが、なんとも凄すぎる。

この個性的な世界三大ギタリストの特徴と使用ギター、代表曲をそれぞれ見ていこう。

エリック・クラプトン~特徴と使用ギター、代表曲

Eric Clapton – Layla

まずはエリック・クラプトンだが、ヤードバーズ脱退してクリームでブレイクし、一躍有名になった。

以来、ブルースをベースにしたギター・プレイが特徴で、世界三大ギタリストの中では最もブルージーなギタリストである。

「スローハンド」と呼ばれるギター・プレイは、早いフレーズでも手の動きに無駄がないためゆっくりしたフィンガリングに見えることからついたクラプトンのニックネームだ。

と同時にポップなセンスにも優れていて、ヒット曲も最も多く、ファン層は幅広い。

使用ギターはストラトキャスターで、「ブラッキー」の愛称で有名。

代表曲は、「いとしのレイラ」「ティアーズ・イン・ヘヴン」「クロスロード」「ワンダフル・トゥナイト」など多数あるが、どれか1曲となるとやはり「いとしのレイラ」か?

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ エリック・クラプトン生涯の名曲「いとしのレイラ」収録の最高傑作

☞ エリック・クラプトン来日公演2019日程と会場は?チケット情報も

ジェフ・ベック~特徴と使用ギター、代表曲

Cause We've Ended as Lovers – Jeff Beck

続いてジェフ・ベックだが、ヤードバーズ脱退後はジェフ・ベック・グループ、ベック、ボガート&アピス を経てソロに。

ロックをベースにしつつもフュージョン色の強いギター・プレイが特徴で、アームを持ちながらヴォリュームや音程をコントロールするプレイによる表現力はジェフ・ベックならではである。

個人的には、世界三大ギタリストの中で最も天才的で個性的なギタリストだと思う。

使用ギターはストラトキャスターで、代表曲はなんといっても「Cause We’ve Ended As Lovers(哀しみの恋人たち)」

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ジェフ・ベックのギターと代表曲をライブ映像で「ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラヴ」

ジミー・ペイジ~特徴と使用ギター、代表曲

Led Zeppelin Live Aid 1985 3 Stairway to Heaven Stereo

最後にジミー・ペイジだが、ヤードバーズ脱退後はレッド・ツェッペリンで活動し、ツェッペリンはジミー・ペイジの代名詞にようなものになっている。

ギター・プレイは、ペンタトニック・スケールを主体としたオーソドックスなものだが、ギター・プレイ以上に特徴的なのが、あらゆるジャンルの音楽を網羅した総合力だ。

世界三大ギタリストの中で名リフを創り出す才能に最も長けており、プロヂュースまでこなすトータル・ミュージシャンだ。

使用ギターはレスポールで、代表曲はたくさんあるが、やはり「天国への階段」をあげたい。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ レッド・ツェッペリンⅣ究極の名曲「天国への階段」

世界三大ギタリストにジミ・ヘンドリックスは入ってないのはなぜ?

ジミ・ヘンドリックス- Stone Free ♪ Purple Haze ♪ Hey Joe

さて、ここでひとつの疑問が浮かび上がってくる。

なぜ、世界三大ギタリストにジミ・ヘンドリックスが入っていないのだろうか?

ジミ・ヘンドリックスは1942年生まれで、世界三大ギタリストよりやや年は上ではあるが、それでも同世代といっていい。

はっきり言ってプレイは革命的で、世界三大ギタリストより大きかったのではないか?

世界三大ギタリストもそろってジミ・ヘンドリックスへのリスペクトを語っているし、影響も計り知れない。

世界三大ギタリストだけではない。

リッチー・ブラックモア、ゲイリー・ムーア、イングヴェイ・マルムスティーンなど影響を受けていないギタリストを探すのが難しいほどだ。

違いといえば、アメリカ人であるということと、すでに故人であるということぐらいか。

世界三大ギタリストの場合、共通項が多くて括りやすかったのかもしれない。

少なくともジミ・ヘンドリックスのハード・ロックのパイオニアとしての位置づけは不動のものだからギタリストとして別格ととらえていいだろう。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ジミ・ヘンドリックスの代表曲収録のアルバム「スマッシュ・ヒッツ」

まとめ

今回は、「世界三大ギタリストはだれ?ジミ・ヘンドリックスは入ってないの?」と題して、世界三大ギタリストについて見てきた。

世界三大ギタリストは、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジの3人で、ジミ・ヘンドリックスは入っていない。

後世に与えた影響とハード・ロックのパイオニアとしての位置づけからジミ・ヘンドリックスはギタリストとして別格ととらえたい。

ジミ・ヘンドリックスはすでに故人であるが、世界三大ギタリストのうち、エリック・クラプトンとジェフ・ベックは今でも度々来日して、現役のギタリストとしてバリバリのプレイを聞かせてくれている。

来日公演は、見逃がしのないようにしたいものだ。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ これだけは聞いてほしい!海外の有名ギタリストの代表作・ロック編

コメント

タイトルとURLをコピーしました