ギターの弦の張り替え時期は?切れる直前まで使っていいの?

ギター張り替え時期はギタリストによっても違うことだろう。

アマチュア・ギタリスト中には、経済的な理由もあって切れるまで張り替えないという強者もいるようだ。

プロのギタリストともなればライヴの度に張り替えているギタリストも多い。

アマチュア・ギタリストの場合はそこまではなかなか難しいが、弦の張り替え時期はどれくらいがいいのだろうか?

今回は、ギターの弦の張り替え時期はいつ頃がいいのか、切れる直前まで使っていいのかを見ていきたいと思う。

スポンサーリンク

ギターの弦の張り替え時期

ギターの弦の張り替え時期はいつがいいのか悩むアマチュア・ギタリストは案外、多いと思う。

経済的な理由もあれば、中にはただ単に面倒くさいからという理由で張り替えないギタリストもいるかもしれない。

しかし、そうしょっちゅう張り替えていてはコストもかかるから、なるべくギリギリまで使いたいというのがアマチュア・ギタリストの本音なのではないだろうか。

人に演奏を聞かせるのが仕事のプロ・ギタリストと違って、アマチュア・ギタリストの場合はいつ張り替えようが自由だ。

とはいえ、いくらアマチュア・ギタリストでもある段階にきた弦は張り替えるべきだろう。

ギターの弦の張り替え時期としては、

1.弦が切れた時

2.弦がサビた時

3.弦が劣化した時

の3つが考えられる。

1と2は見た目にも明らかなので説明の余地もないが、問題は3の弦が劣化した時である。

なかなか視覚的に見極めが難しいところもあるが、これをどう判断するかがギターの弦の張り替え時期のポイントといえる。

スポンサードリンク

ギターの弦の張り替え時期はサウンドで決める?

では上述した3の弦が劣化した時というのは、どういう状態の弦をいうのだろうか?

これには見た目でわかる場合とサウンドなどの感覚で判断する場合の2通りがある。

弦の張り替え時期~見た目での判断

まず見た目での判断だが、張り替えたばかりの新品の弦はキラキラしていて見た目にも輝いている。

一度、新品の弦と使い古した弦を比べて見ることをおすすめする。

違いは一目瞭然である。

上述した2の弦がサビた段階まではいってないにしろ、輝きを失ってやや黒ずんできたら明らかに張り替え時期にきているといっていいだろう。

特にフレットに当たる部分が変色しやすいので、この部分に注目するといい。

弦の張り替え時期~サウンドなど感覚での判断

続いて目に見えないサウンドなどの感覚的な部分での判断であるが、ここが最も難しいところなのではないだろうか?

しかし、張り替えたばかりの新品の弦と比べるとここでも明らかな違いを感じることができる。

いくつかあげると、

・サスティーンが短くなる

・チューニングが狂いやすくなる

・弦がザラザラした感触がある

・音が曇っている感じがする

・チョーキング、ビブラートがやりづらい

などで、こんな状態になったらそろそろ張り替えの時期だ。

初心者の時期は分かりづらいかもしれないが、何回か弦交換をしていくうちに感じてくるはずだ。

ギターの弦は切れる直前まで使っていいの?

ここまで読み進めてくれば、ギターの弦を切れる直前まで使っていいのかどうかはわかるはずだ。

新品の弦なら、そう簡単に切れることはない。

となるとギターの弦が切れる時というのは、弦がかなり劣化した状態とみていいだろう。

ギタリストは新品の弦と比べて、サウンドなど感覚でわかる変化を感じているはずだ。

ギターの弦は切れる直前まで使うのは、なるべく避けたいところだ。

特にライヴなど人前で演奏する場合には、新品の弦で臨むことは必須である。

ギターの弦はどれくらいの期間で張り替える?

では最後にギターの弦はどれくらいの期間で張り替えるのがベストだろうか?

これには個人差や季節的な影響もあって、一概には言い切れない部分がある。

しかし、当然のことだがよく弾くギタリストは弦の寿命も短いから張り替えの時期も早く、1か月は持たないだろう。

よく弾いていれば、それだけ汗や油によって弦の寿命も短くなるというわけだ。

また、ギターは湿気に弱い楽器なので、梅雨や夏の時期は乾燥している冬場より弦の寿命も短くなる。

ギターの弦は1か月に一度は張り替えたいところだが、これらを考慮に入れながら弦の変化を感じ取って臨機応変に判断していただければと思う。

 

まとめ

今回は、ギターの弦の張り替え時期はいつ頃がいいのか、切れる直前まで使っていいのかを見てきた。

まとめると、ギターの弦の張り替え時期は1か月に一度は張り替えたいところで、使用頻度が高かったり湿度が高い季節だとさらに張り替えの時期は早くなる。

弦が切れたりサビたりした場合は当然として他にも弦が黒ずんできたり、サウンドが変わってきても張り替え時期にきているといえる。

初心者の時期は不慣れなため、判断が難しい弦の張り替え時期だが、何度か張り替えていくうちに感覚的にもわかってくるはずなのであまり心配しなくても大丈夫だと思う。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ギターの弦の本数はなぜ6弦?エレキやアコギでも同じなの?

☞ 雨の日のギターの持ち運び方法は?防水対策と濡れた場合の対処法

☞ クラシックギターとアコースティックギターの違いは?難易度と特徴も

コメント

タイトルとURLをコピーしました