ギターを独学でマスターするのは難しい?教則本やDVDでは無理?


念願のギターを手に入れ、「さあギターを弾くぞ!」と意気込んではみたものの、初心者のうちはさてどこから始めたらいいのだろう、と悩んでしまいがち。

ギターをマスターするには独学か誰かに習うかの2択で、どちらかを選ぶことになる。

はたして教則本やDVDを使って独学でマスターするのは難しいのか?

それとも町のギター教室に通ってレッスンを受けたほうがいいのか?

今回は、ギターを独学でマスターするのは難しいのか?教則本やDVDでは無理なのか?について見ていく。(あくまでも個人の見解なので参考程度に)

スポンサーリンク

ギターを独学でマスターするのは難しい?

いきなり結論だが筆者の体験では、よほどの天才でなければレッスンを受けたほうがいいと思う。

理由はさまざまだが、そのほうが近道だからというのが一番大きな理由だ。

もちろん独学でギターをマスターした人はいるし、プロになった人もいる。

しかし、上達のスピードが違う

変なクセもつかないし、最短距離でギターをマスターできるはずだ。

筆者もギターを独学でスタートしたのだが、しばらくやっていくうちに壁に当たってしまい、限界を感じていた。

それから町のギター教室に通い始めたのだが、きちんとカリキュラムが決められていて、それに従って練習していくうちに知らず知らずに上達していったものだ。(あくまで筆者の場合であるが…)

これなら最初から通うんだったな、と後悔したのを覚えている。

筆者のギター教室の体験レポートはこちらからどうぞ!
☞ ディープ・パープルを聞いて、クラシック・ギターへ!役に立ったか? 

ギターのレッスンを受けるメリット

その他にもレッスンを受けるメリットは多いので、以下にまとめておく。

ひとりひとりに合った方法でうまくなれる

課題があるので、何を練習すればいいのか迷わないし、遊んでしまうことなくギターに集中できる

お金を払っているので、モチベーションも維持しやすい

周りにうまい人がいると刺激になる

間違った方向に進もうとすると先生に軌道修正してもらえる

スポンサードリンク

教則本やDVDでマスターするのは無理なのか?

今の時代は独学でギターをうまくなろうと思えば、いくらでもうまくなる情報が溢れている。

教則本やDVDはもちろん、ネットにも情報は溢れているし、ユーチューブなどはどれを見ていいのか迷ってしまうほどだ。

筆者がギターを始めた時代は独学で参考になるのは教則本くらいのものだった。

いわゆる動画といえるものは皆無であった。

今は情報が多すぎて、どれを選べばいいのかわからなくなるのではないだろうか?

最初に何から覚えたらいいのかにしてもコードなのかスケールなのか、どの情報を信じていいのかきっと迷うはずだ。

しかし、これらを根気よく独学で練習した場合、時間がかかってもギターを弾けるようにはなるだろう。

最終的にはギターを弾く目的がどこにあるかによっても違ってくると思う。

趣味で、アマチュア・ギタリストとしてバンド活動などで楽しむのであれば、独学でも大丈夫だろう。

しかし、プロ・ギタリストとして生活していくのであれば、今の時代、独学では相当厳しいのではないか?

音大を卒業したような人がゴロゴロいる時代である。

独学で遠回りしている時間がやはりもったいないと考えるべきであるだろう。

ギター独学におけるおすすめの練習方法の記事はこちらからどうぞ!
☞ ギターを独学でマスターしたい!初心者におすすめの練習方法は?

まとめ

今回は、ギターを独学でマスターするのは難しいのか?教則本やDVDでは無理なのか?について見てきた。

まとめると、ギターを独学でマスターするのは可能だが、レッスンを受けたほうが上達の近道なのでおすすめだということである。

レッスンを受けるのは独学よりお金がかかるが、受けるだけの価値は十分にある。

特に初心者のうちから通うのが、効果的だ。

この記事が少しでもお役に立てば、幸いである。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ギターが上手い人の特徴を知れば上達する?基準や共通点は何か?

☞ エレキギターの初心者の選び方は?値段は安ければいいの?

☞ これだけは聞いてほしい!海外の有名ギタリストの代表作・ロック編

コメント

タイトルとURLをコピーしました