ギターのぞうさんは初心者向き?子供が始めるにはおすすめ?

ギターにもエレキギターやアコースティックギターなど、いろいろなタイプのギターがある。

ぞうさんほどうまくできていて、手軽に楽しめるように作られたギターも珍しいのではないだろうか?

しかし、手軽ということでギターのぞうさんは初心者、あるいは子供には向いているのだろうか?

今回は、ギターのぞうさんは初心者向きなのか、また子供が始めるにはどうなのかを見ていきたいと思う。

スポンサーリンク

ギターのぞうさんは初心者向き?

結論からいうと、ギターのぞうさんは決して初心者向きのギターではない。

その理由は、ぞうさんはボディーが小さくショートスケール(ナットからブリッジまでの弦長が短い)でフレットが足りないですから、それに慣れてしまうとレギュラーサイズのギター(一般的なギター)に移行した時、慣れるまで弾きにくいからである。

ぞうさんで弾けてもレギュラーサイズのギター(一般的なギター)では勝手が違うということにもなりかねない。

なので、初心者が1本目に購入するギターとしてはおすすめできない。

ちなみにぞうさんのスケール(有効弦長)は、609.6ミリぐらいで、レギュラーサイズのギター(一般的なギター)は、フェンダーが647.7mm、ギブソンが628.65mm。

初心者がギターを始めるにあたっては、まずレギュラー・スケールのギターからトライし、そしてぞうさんはある程度、基本をマスターして弾けるようになってから手ににするのがおすすめである。

ぞうさんは初心者より上のレベル向き

ぞうさんは、アンプを内臓していて、気軽に楽しく使えるギターだと思う。

本当に良くできているし、設備的に制限がある時などには大変重宝する。

いい意味で、「よくできたおもちゃ」「宴会芸用ギター」で、大変実用性が高いギターである。

なので、ぞうさんの使い方としては、ある程度基本をマスターした初心者より上のレベルのギタリストが、遊びで追加して使用するのがおすすめだ。

経験者がお手軽に宴会芸的に使用するのにはピッタリのギターといえるだろう。

スポンサードリンク

ギターのぞうさんは子供が始めるにはおすすめ?

初心者には、イマイチおすすめできないギターのぞうさんですが、子供にはどうだろうか?

体の小さな子供がギターを始めるにあたっては、ボディーの大きさや重量などいろいろな問題が出てくる。

子供用ということであれば、ミディアムかショートスケールのギターで、弦高が低くて弦を押さえる力が弱くて弾きやすいギターがおすすめである。

その点、ギターのぞうさんは子供が始めるにはおすすめのギターだと思う。

アンプ内臓で、子供が遊びながらギターをマスターできるのも魅力的なところだ。

ぞうさんで長続きするかどうか試してみて、興味を持って続くようであればしめたもので、あとは、子供の体の成長に合わせてレギュラー・スケールのギターを買うようにしていけばいいだろう。

はじめから、レギュラー・スケールのギターを使うという方法もあると思うが、大人と違って体の小さな子供にはぞうさんのようなボディーが小さくショートスケールのギターはピッタリともいえる。

ギターのぞうさんは初心者向き?~まとめ

今回は、ギターのぞうさんは初心者向きなのか、また子供が始めるにはどうなのかを見てきた。

ギターのぞうさんは、ボディーが小さくショートスケールなため慣れてしまうとレギュラーサイズのギター(一般的なギター)に移行した時、弾きずらいため初心者向きではない。

初心者がギターを始めるには、まずレギュラー・スケールのギターからトライするのがおすすめである。

しかし、体の小さな子供は別で、体の小さな子供にはぞうさんのようなボディーが小さくショートスケールのギターはピッタリともいえる。

その上で長続きするかどうかをみて、子供の体の成長に合わせてレギュラー・スケールのギターを買うようにしていけばいいだろう。

ぞうさんというギターは、初心者より上のレベルのギタリストが遊びで楽しんで使用するギターといえるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました