ホワイトスネイク「スーパーロック84」の感想!DVD&CDで復活

1984年マイケル・シェンカー・グループの来日公演で、ライブ初体験した筆者に更なる朗報が舞い込んできた。

なんとこの年の8月ホワイトスネイクが来日してマイケル・シェンカー・グループが来た同じ会場にやって来るというのだ。

「スーパーロック84」に伴う来日で、その足で少年の近くの田舎町まで足をのばしたということだ。

単独公演なのにパンフレットは、「スーパーロック84」のものだった。

今回は、DVD&CDで復活したホワイトスネイク「スーパーロック84」の感想を綴ってみたいと思う。

スポンサーリンク

ホワイトスネイク「スーパーロック84」

マイケル・シェンカー・グループのライブですっかり舞い上がっていた筆者は、ホワイトスネイクのライブにも意気込んでいた。

発売されていたホワイトスネイクのアルバムもほとんど聞いていた。

それにデイヴィッド・カヴァーデールはもちろんのことコージー・パウエルも参加していたというのが決定的に大きかった。

ジョン・ロードだ脱退して見られなかったのは痛かったが翌年、再結成ディープ・パープルで見れたからよしとしよう。

この時期のホワイトスネイクは「スライド・イット・イン」が最新のアルバムであり、メンバーを一新してまさに脱皮の真っただ中であった。

今になって思えば「スーパーロック84」で見られなかったのはとても残念だが、当時は地元の町で単独公演に参加するのが精一杯だった。

期待していたライブは、新曲の「ギャンブラー(GAMBLER)」から始まり、前半は最新アルバム「スライド・イット・イン」からの選曲で、途中ギター・ソロとドラム・ソロを挟んで古い曲が演奏された。

ホワイトスネイク「スーパーロック84」の感想

会場は今回も凄い熱気だったが、筆者の心にはあまり響いてこなかった。

念願のコージー・パウエルのドラム・ソロも見れたしデイヴィッド・カヴァーデールもいるし、条件は揃っているはずなのだが、なぜかイマイチ、ピンとこなかったのだ。

時間的にも90分ほどでさっさと切り上げてしまったし、なんか会場の熱気とは裏腹にメンバーに気合が感じられなかった。

そう、まるで消化試合のような…。

勝手な推測だが「スーパーロック84」に全力を注いで単独公演は少々気が抜けていたのではないか?

それと真夏の移動でバテ気味だったのかもしれない。

イチバン若いジョン・サイクスが元気でいいプレイを聞かせてくれたのがとても印象的だった。

ホワイトスネイク「スーパーロック IN JAPAN ’84」のDVD&CD

この日のセットリストは、「スーパーロック84」と同じだったと記憶している。

「Live in 84: Back To The Bone」というタイトルで、DVDとCDで発売されているので、興味のある方はぜひどうぞ。

スーパーロック JAPAN ’84「Live in 84: Back To The Bone」 ホワイトスネイク

収録曲
1.ギャンブラー(GAMBLER)
2.ギルティ・オブ・ラヴ(GUILTY OF LOVE)
3.ラヴ・エイント・ノー・ストレンジャー(LOVE AIN’T NO STRANGER)
4.レディ・アン・ウィリング(READY AN’WILLING)
5.スロー・アンド・イージー(SLOW AN’ EASY)
6.クライング・イン・ザ・レイン(CRYING IN THE RAIN)
7.ジョン・サイクス ギター・ソロ(GUITAR SOLO)
8.ソルジャー・オブ・フォーチュン(SOLDIER OF FORTUNE)
9.コージー・パウエル ドラム・ソロ(DRUM SOLO)
10.エイント・ノー・ラヴ・イン・ザ・ハート・オブ・ザ・シティ(AIN’T NO LOVE IN THE HEART OF THE CITY)
11.ドント・ブレイク・マイ・ハート・アゲイン(DON’T BREAK MY HEART AGEIN)

メンバー
ヴォーカル:デイヴィッド・カヴァーデール
ギター:ジョン・サイクス
ドラムス:コージー・パウエル
ベース:ニール・マーレイ
キーボード:リチャード・ベイリー

2014年の発表。

ホワイトスネイク「スーパーロック84」の感想~まとめ

今回は、DVD&CDで復活したホワイトスネイク「スーパーロック84」の感想を綴ってみた。

単独公演は消化試合のよいうなものだったから、正直言ってライブよりスタジオ・アルバムのほうがいいなと思ったものだが、今になって思うのはこの時期のホワイトスネイクの来日公演を見ておいたよかったということだ。

たとえ「スーパーロック84」の消化試合だったとしても、このメンバーはホワイトスネイク史上最強だったように思う。

ジョン・ロードがいないというマイナス面はあるものの、ずっとギター2本でやってきたホワイトスネイクがギター1本はこの時期だけだ。

新しい船出にとても新鮮な時期であったように思う。

その後何度もホワイトスネイクの来日公演は何度か見たが過渡期ともいえるこの時期のホワイトスネイクはレア感が非常に強い。

振り返れば一瞬の真夏の夜の夢であった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました