ホワイトスネイクのおすすめアルバムは?これでライブも大丈夫!

ホワイトスネイクがまた日本にやってくる。

もうすでにチケットをゲットした方も多いと思うが、ホワイトスネイクほどキャリアの長いバンドともなるとどのアルバムから聞いたらいいのか、わからないという方もいらっしゃるかもしれない。

特にライブで演奏されている曲は、どのアルバムを聞けばいいのだろうか?

そこで今回は、ホワイトスネイクのおすすめアルバムをランキングで見ていきたいと思う。

はたして、最高傑作はどのアルバムだろうか?

スポンサーリンク

ホワイトスネイクのおすすめアルバム・ランキング~最高傑作は?

ホワイトスネイクのおすすめアルバムということになると選ぶにあたっていろいろな基準があると思うが、ひとつの基準としてはライブの定番曲が多く収録されているアルバムということになるだろう。

そこでホワイトスネイクのライブに行くにあたってこれを聞いておけば、ほぼ網羅できるという基準で選んでみた。

選んだ結果、やはりというか80年代のアルバムが集中してしまった。

そして、最高傑作はモンスター・アルバム「サーペンス・アルバス(白蛇の紋章)」であることに異論のあるファンは少ないだろう。

また、ホワイトスネイクの場合、ライブの演奏曲はアルバム「スライド・イット・イン」~「スリップ・オブ・ザ・タング」の3枚のアルバムに集中している。

これらに加えて、現時点での最新アルバム「フレッシュ・アンド・ブラッド」を押さえておけば十分だろう。

つまり、ホワイトスネイクのおすすめアルバムは、「スライド・イット・イン」~「スリップ・オブ・ザ・タング」の3枚のアルバム+最新アルバム「フレッシュ・アンド・ブラッド」ということになる。

スポンサードリンク

おすすめアルバム・ランキング①:サーペンス・アルバス~白蛇の紋章

ホワイトスネイクの最高傑作であるとともにハードロック史に残る名盤である。

とにかくオープニングからクロージングまでまったく隙のないアルバムで、あれだけ売れたのも納得の出来。

この「サーペンス・アルバス~白蛇の紋章」の収録曲の半分以上はライブで演奏されるので、絶対に外してはいけないアルバムだ。

「クライング・イン・ザ・レイン」「バッド・ボーイズ」「スティル・オブ・ザ・ナイト」「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」「ギヴ・ミー・オール・ユア・ラヴ」「イズ・ディス・ラヴ」など、ライブで必須の曲がズラリと並ぶ。

1987年の発表。

おすすめアルバム・ランキング②:スライド・イット・イン

あまり目立たないかもしれないが、ホワイトスネイクのアメリカ進出のきっかけを作ったアルバムで、「スライド・イット・イン」「スロー・アンド・イージー」「ラヴ・エイント・ノー・ストレンジャー」など、今でもライブで演奏されている曲も意外に多い。

「サーペンス・アルバス~白蛇の紋章」のようなゴージャスさはないが、佳曲が揃っている。

「サーペンス・アルバス~白蛇の紋章」の大ブレイクの伏線にもなったアルバムでバカにできない。

1984年の発表。

おすすめアルバム・ランキング③:スリップ・オブ・ザ・タング

スティーヴ・ヴァイ加入で賛否両論あったアルバムだが、リメイクされた「フール・フォー・ユア・ラヴィング」を除いて曲はすべてエイドリアン・ヴァンデンバーグとデヴィッド・カヴァーデールの共作による。

「サーペンス・アルバス~白蛇の紋章」の後、メンバーを一新して制作されたアルバムだが、作曲はヨーロッパ人だがプレイはアメリカ人ということで、ホワイトスネイクが本格的にアメリカナイズされたアルバムととらえたい。

「フール・フォー・ユア・ラヴィング」「ジャッジメント・デイ」あたりが、ライブで演奏されている。

1989年の発表。

おすすめアルバム・ランキング④:フレッシュ・アンド・ブラッド

そして、忘れてはいけないのが最新作の「フレッシュ・アンド・ブラッド」だ。

ダグ・アルドリッチが脱退して初めてのオリジナル・アルバムであるが、ギタリストがオール・アメリカ人になってからは最高傑作と評価したい。

とにかく曲がいい。

これまでは、新作をリリースしてもライブでは数曲ということが多かったが、今回はかなり演奏するのではないかと予想する。

2019年の発表。

ホワイトスネイクのおすすめアルバム~ベスト・アルバム

ホワイトスネイクのおすすめアルバムとして、ここまではスタジオ・アルバムを紹介してきたが、最も手っ取り早いのが実はベスト・アルバムだ。

ライブで演奏されている曲=ベスト・アルバムに収録されている曲、といってもいいだろう。

ホワイトスネイクのベスト・アルバムはこれまで何種類かリリースされているが、アルバム「スリップ・オブ・ザ・タング」以降にリリースされたベスト・アルバムであれば、ライブで演奏されている曲はほとんど網羅されているので、どれでも構わないだろう。

同じ意味で、ライブDVDもおすすめだ。

どちらも1990年以降の比較的、新しめの作品を選んでおけば、ライブで演奏されている曲をかなり網羅できるはずだ。

まとめ

今回は、ホワイトスネイクのおすすめアルバムをランキングで見てきた。

ホワイトスネイクのおすすめアルバムは、80年代のアルバムが集中しており、「サーペンス・アルバス~白蛇の紋章」「スライド・イット・イン」「スリップ・オブ・ザ・タング」の3枚のアルバムに最新アルバム「フレッシュ・アンド・ブラッド」がいいと思う。

また、ベスト・アルバムかライブDVDもおすすめで、手軽にライブで演奏されている曲をまとめて聞くことができる。

初めてホワイトスネイクのライブに行く方に参考にしていただければと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました