マイケル・シェンカーの来日公演が初ライブ体験

MSG [ DOCTOR,DOCTOR ] [II] LIVE '83.

マイケル・シェンカー・グループの来日公演が決まった。

当時のニュー・アルバム「BUILT TO DESTROY 」の発売に伴うツアーで、我が校からは10人以上の集団で全員遠足のように電車を乗り継いで行ったのを覚えている。

はたしてロックのライブ初体験はいかに?

1984年1月のことである。

スポンサーリンク

マイケル・シェンカー来日公演が近くの街で!

当時、高校生だった少年は、ロックに目覚め、レコードはかなり聞いてはいたもののライブというのは全く未経験であった。

無理もない。

自分が住んでいた街にタレントや歌手、ましてや海外のロックバンドが来るなんてことは考えられないことであった。

田舎で生まれ、田舎で育った少年にとっては、ライブというのは、はるか彼方のものだったのである。

ところが、その考えられないことが現実となったのである。

なんと飛ぶ鳥を落とす勢いだったマイケル・シェンカー・グループの来日公演が近くの街で行われることになったのだ。

本当にあの時代に外タレが来るのは稀だったので、我が校も騒然となった。

スポンサードリンク

マイケル・シェンカーのライブに大興奮

少年にとっては、ロックのライブはおろか、全音楽のジャンルを通してもはじめてのライブであった。

つまり、どう振る舞っていいのかもわからないのである。

ライブは、イントロでワグナー「ワルキューレの騎行」が流れ、「キャプテン・ネモ」で幕を開けた。

あれっ、なんだ⁈ みんな立っている!

座って聞くもんだと思っていた少年は、会場が総立ちになっているのにまず驚いた。

が、こんなものなんだなと気を取り直して、いっしょに立ち上がった。

マイケル・シェンカーは、例によってフライングVを両足に挟んで弾いている。

それにしても物凄い音量だ。

デカすぎて何がなんだかわからない。

次も「BUILT TO DESTROY 」からの曲「ロック・マイ・ナイツ・アウェイ」だ。

ヴォーカルのゲイリー・バーデンも登場だ。

しかし、この大音量の中でバンドはよく合わせられるものだと感心しながら聞いていたのだが、中盤になると「クライ・フォー・ザ・ネイションズ」「オン・アンド・オン」「イントゥ・ジ・アリーナ」など初期の名曲が立て続けに演奏されると会場は熱狂の渦であった。

そして、新曲のバラード「ロック・ウィル・ネヴァー・ダイ」からは「BUILT TO DESTROY 」の曲が続き、本編最後は「アームド・アンド・レディ」で締めた。

いやぁ、オロオロしていた少年は、圧倒されっぱなしであったが、どうしても聞きたい曲が2曲あった。

ロック・ボトム」と「ドクター・ドクター」である。

UFOの「PHENOMENON」(現象)に収録されているこの2曲を聞かずして帰るわけにはいかない。

そして、アンコールは・・・。

やった!

「ロック・ボトム」だ。

印象的なリフからマイケル・シェンカーのソロまでもう最高だ。

そしてラストは「ドクター・ドクター」だ!

もう少年は、我を忘れて舞い上がっていた。

お目当ての2曲がアンコールで立て続けに演奏されたのである。

最後は、「Thank you」とか歌いながらジャムってる。

そして、ライブはすべて終わった。

ライブ初体験にカルチャーショック

いやぁ、はじめてのライブはすごい熱気だった。

ライブというのは、こんなにもテンションが上がって熱いものだとは思わなかった。

カルチャーショックだった。

一行はまたしても遠足のように電車を乗り継いで帰途に着いた。

それにしても耳鳴りがすごかった。

1週間はキーンと鳴っていた。

少年は、ライブの流儀のようなものを知り、また快感を知った。

この後も度々ロックのライブには足を運ぶことになるのだが、熱気という点でこのライブを上回るライブは生涯ない。

最近はハード・ロックもかなり一般に定着したせいか、おとなしくなったようにも思える。

まとめ

ちなみにこの「BUILT TO DESTROY ON TOUR 」、1983年10月にロンドンのハマースミス・オデオンで行なわれたライブがCD化されている。

タイトルは「ロック・ウィル・ネヴァー・ダイ」(マイケル・シェンカー・グループ)。

特筆すべき点は、「ドクター・ドクター」 にスコーピオンズのクラウス・マイネと兄のルドルフ・シェンカーが飛び入り参加していることだ。

セットリストも来日公演とほぼ同じで、この時期のマイケル・シェンカーのベストな選曲といえるので興味ある方はぜひどうぞ!

「ロック・ウィル・ネヴァー・ダイ」 マイケル・シェンカー・グループ
1. キャプテン・ネモ
2. ロック・マイ・ナイツ・アウェイ
3. レディ・トゥ・ロック
4. クライ・フォー・ザ・ネーションズ
5. ロック・ユー・トゥ・ザ・グラウンド
6. アタック・オブ・ザ・マッド・アクスマン
7. イントゥ・ジ・アリーナ
8. 飛翔コンチェルト
9. ロック・ウィル・ネヴァー・ダイ
10. デザート・ソング
11. メイク・ユー・マイン
12. レッド・スカイ
13. ルッキング・フォー・ラヴ
14. アームド・アンド・レディ
15. ドクター・ドクター

【メール便送料無料】ザ・マイケル・シェンカー・グループ / ロック・ウィル・ネヴァー・ダイ[CD]

その他のマイケル・シェンカーの記事はこちらからどうぞ!
☞ マイケル・シェンカーのギター奏法を動画で!ヤングギター5月号他  

☞ マイケル・シェンカー来日情報2018とベスト・アルバム 

☞ マイケル・シェンカー2018年も来日公演決定! 

☞ マイケル・シェンカー来日!2018年スケジュール語る 

☞ マイケル・シェンカー来日!ラウドパークで見せた勇姿 

☞ マイケル・シェンカーの初来日公演「飛翔伝説」MSG武道館ライブ!  

☞ マイケル・シェンカーの復活を告げる傑作「神 」 

☞ マイケル・シェンカーのベスト・アルバム「英雄伝説」UFO・MSG  

コメント

タイトルとURLをコピーしました