コンチェルト・ムーン「レイン・フォレスト」我が目を疑った初体験

「Rain Forest」 コンチェルト・ムーン

1. Prologue(Instrumental)
2. Time To Die
3. Lonely Last Journey
4. Fight To The Death
5. Half Way To The Sun
6. Rain Forest(Instrumental)
7. Unstill Night
8. Live On The Memory
9. Victim Of Desire
10. Pictures Of An Old Man
11. Break It Down

 

ギター:島紀史                                           ヴォーカル:尾崎隆雄                                        ベース:三谷耕作                                           ドラムス:長井一郎                                         キーボード:小池敏之                                           

スポンサーリンク

コンチェルト・ムーンとの出会い

この頃、筆者は自宅にスカイパーフェクトTV(スカパー)を導入した。

しかしこのスカパーなるもの、チャンネル数が半端なく多い。

契約チャンネル等検討しながらいろいろいじっていたそんな時、あっと驚くような映像が流れてきた。

そこには明らかにリッチー・ブラックモアとイングヴェイ・マルムスティーンの影響を受けたバンドのプロモーションビデオが流れていた。

日本のバンドなのだが、ギタリストの風貌と動きがあのイングヴェイ・マルムスティーンとそっくりなのだ。

しかもギターはストラトキャスター、衣装も白いシャツに黒のベストと黒のパンツという出で立ちだ。

こういうの好きじゃないのだが、好感が持てた。

なぜなら曲もいいし、技術も確かで、ギター・プレイも影響はもろに感じたが決してコピーではないものを感じたからである。

後で知ったのだが、流れていたのは「Time To Die」という曲であったが、正直言ってラウドネスの「In The Mirror」以来の衝撃であった。

バンド名は、コンチェルト・ムーンで、ギタリストは島紀史というらしい。

早速、当時の最新のアルバムを購入したのだが、それがこの「Rain Forest」である。

1999年の発表。

スポンサードリンク

非凡なメロディー・センスが島紀史の才能

これが筆者とコンチェルト・ムーン、いや島紀史との出会いであったが、この頃、日本のバンドはまったく聞いていなかったので完全にノーマークであった。

アルバムを通して聞いた印象は非常にメロディアスでキャッチーなもので、ギタリストの島紀史のソングライティングに非凡な才能を感じた。

印象に残るようなリフ、メロディアスな速弾きと一般的にはネオ・クラシカル様式と呼ばれているが、確かにこのギタリストならではのものがある。

しかし、風貌とギター・スタイルがイングヴェイと似ていることから、どうしても二番煎じと取られることもあるだろう。

それでもやはり、島紀史のメロディー・メイカーとしての才能はピカイチであると言っておきたい。

まとめ

スカパーがきっかけで知ったバンド、ギタリストであるがこの後、メンバー・チェンジを続けながらも変わらぬ音楽性で今日も活動を続けているコンチェルト・ムーン、島紀史には頭が下がる思いだ。

時代は変わってもいつでもメロディアスなハード・ロックを追い続ける姿に拍手を送りたいし、これからもその道を邁進してもらいたいものだ。

ディープ・パープルやイングヴェイが好きな人ならきっと気に入ってもらえると思うので、まだの人はぜひ体験してみてはいかがだろうか?

その他の島紀史に関する記事はこちらからどうぞ!
☞ ダブル・ディーラー最終作は最高傑作!下山武徳と島紀史の再共演は? 

☞ ダブル・ディーラー「LIVE IN TOKYO2005」の衝撃! 

☞ 下山武徳と島紀史がダブル・ディーラーで運命の出会い、共演!  

☞ 頑張れ島紀史!コンチェルト・ムーン新作「TEARS OF MESSIAH 」  

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました