ダブル・ディーラー最終作は最高傑作!下山武徳と島紀史の再共演は?

「DESERT OF LOST SOULS」 ダブル・ディーラー
1. HOWL OF THE WOLF
2. LIKE A FREE WIND
3. TRAEUMEREI
4. STAR IN THE DAWN
5. JUDGEMENT
6. CAT IN A BACKYARD
7. HEART NEVER BENDS
8. LABYRINTH
9. CLUSTER OF WONDERS
10. WITHERED GRASSES
11. STAINED LIFE


ヴォーカル:下山武徳                                         ギター:島紀史                                            ベース:木本高伸                                                                                    キーボード:小池敏之                                          ドラムス:磯田良雄

前作「FATE&DESTINY」が素晴らしいアルバムだっただけに、それに続くアルバムは、どんな方向性でくるのか気になっていたがいい意味で期待を裏切るアルバムを届けてくれた。

がしかし、バンド内では思いもよらないトラブルが勃発し、リリース前にダブル・ディーラーは解散してしまう。

そんな気まずい空気の中でリリースされたのが、この「DESERT OF LOST SOULS」である。

2007年の発表。

スポンサーリンク

ダブル・ディーラー最終作にして最高傑作!

前作の延長線という方向でくるという筆者の予想を覆し、よりラウドに、そしてよりパワフルに攻めてきたというのが第一印象だった。

1曲目からして、それまでのダブル・ディーラーにはない曲調だ。

そんなラウドな中にも島紀史ならではのメロディーは健在で、1曲1曲が非常に練り込まれており、完成度はダブル・ディーラー4作の中で最高傑作といっていいだろう。

下山武徳のヴォーカルもさらに磨きがかかり、コーラスの分厚さ、歌詞、そして歌唱力とも過去最高レベルといっても過言ではない。

スポンサードリンク

下山武徳と島紀史の再共演に期待

おそらくは十分に時間をかけることができたのだろう、妥協を許さない音作りにさらに上を目指すバンドの意気込みが伝わってくる。

ヘヴィでラウドな方向性の中にも「STAR IN THE DAWN」のようなバラード、「WITHERED GRASSES」のようなポップ・センスあふれる曲もあり、バラエティに富んだ内容で、次の躍進への過渡的な雰囲気も感じられる。

この「DESERT OF LOST SOULS」でも最高傑作なのだが、次はさらなる最高傑作の予感さえしてくる。

それだけにここで空中分解してしまったことが残念でならない。

それは下山武徳と島紀史にとっても同じ思いだったことだろう。

早く再結成して5枚目のアルバムを出してもらいたいものだ。

まとめ

結局、この「DESERT OF LOST SOULS」を最後にツアーをすることもなく、活動を停止してしまったダブル・ディーラーだが、最近になって何度か下山武徳と島紀史が中心となってダブル・ディーラーの曲をプレイしている。

本格的な再結成とはいえないが、この2人がまた同じステージに立つ姿は、再結成を願う筆者にとっては涙ものであった。

リリースからもう10年が経過するが、今聞いてもまったく古さを感じさせない。

2つの類いまれな才能が残した名盤として、この「DESERT OF LOST SOULS」は、これからも輝き続けるだろう。

そして、またいつかダブル・ディーラーのニュー・アルバムがリリースされることを期待している。

その他のダブル・ディーラーに関する記事はこちらからどうぞ!
☞ ダブル・ディーラー「LIVE IN TOKYO2005」の衝撃! 

☞ 下山武徳と島紀史がダブル・ディーラーで運命の出会い、共演!  

コメント

タイトルとURLをコピーしました