ポール・マッカートニー来日2018東京2日間のセトリの違いと感想


ポール・マッカートニーが「フレッシュン・アップ・ツアー」で、今年2018年も来日した。

日本公演は1年半ぶり7回目となるが、その初日10月31日の東京ドーム公演に参戦したので、参戦の感想を綴ってみたいと思う。

はたして、どんなセットリストだったのか?

また、東京ドーム2日間のセットリストはの違いはどこか?

今回は、ポール・マッカートニーの来日公演2018から10月31日東京ドーム2日間のセットリストの違いと参戦の感想を中心に書いてみた。

スポンサーリンク

ポール・マッカートニー東京公演2daysセットリスト

早速、気になるセットリストから入りたいと思う。

オープニングを飾ったのは、2日間ともビートルズの「A Hard Day’s Night」だ。

以下、ビートルズはもちろんウイングス、ソロなどそのキャリアを総括するように名曲の数々が繰り出される。

セットリストは東京公演初日のセットリストをベースに紹介しているが、カッコ内の曲が2日目11月1日に演奏された曲だ。

東京公演2daysの違いとしては、2日目には本編でウイングスの「Junior’s Farm」やビートルズの「Can’t Buy Me Love」、「Got to Get You into My Life」、「We Can Work It Out」が演奏され、アンコールで初日の「Yesterday」が、「I Saw Her Standing There」に入れ替わっている。

東京公演10/31・11/1セットリスト(カッコ内は、11/1)

1. A Hard Day’s Night
2. Hi, Hi, Hi(→11/1は、Junior’s Farm)
3. All My Loving(→11/1は、Can’t Buy Me Love)
4. Letting Go
5. Who Cares
(11/1は、この間にGot to Get You into My Lifeを演奏)
6. Come On To Me
7. Let Me Roll It
8. I’ve Got A Feeling
9. Let ‘Em In
10. My Valentine
11. 1985
12. Maybe I’m Amazed
13. I’ve Just Seen A Face(→11/1は、We Can Work It Out)
14. In Spite of All the Danger
15. From Me To You
16. Love Me Do
17. Blackbird
18. Here Today
19. Queenie Eye
20. Lady Madonna
21. Eleanor Rigby
22. Fuh You
23. Being For The Benefit Of Mr Kite!
24. Something
25. Ob-La-Di, Ob-La-Da
26. Band On The Run
27. Back In The U.S.S.R.
28. Let It Be
29. Live And Let Die
30. Hey Jude
<アンコール>
31. Yesterday(→11/1は、I Saw Her Standing There)
32. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
33. Helter Skelter
34. Golden Slumbers
35. Carry That Weight
36. The End

スポンサードリンク

ポール・マッカートニー東京公演の参戦感想

とにかく真っ先に感じたのが、ポール・マッカートニーの若々しさだ。

とても76歳とは思えぬヴァイタリティだ。

ライブ自体もほとんど休みなしの出っ放しで3時間近いライブだったし、ニュー・アルバムにツアーにと本当に頭が下がるほどの活動量である。

いったいどこからあのヴァイタリティが出てくるのか不思議でならない。

また、会場の観客層を見ると男女比率もどっちが多いというわけでなく、ベテランのアーティストに多いお客さんの年齢層が特に高いというわけでもなく、まさに老若男女問わずといった印象であった。

この辺の凄さは世界中どこを探してもポール・マッカートニー以外にはなかなかいないだろう。

もはや生きる伝説ともいえる存在であるから、できる限り長く活動を続けてもらいたいものだ。

まとめ

今回は、ポール・マッカートニーの来日公演2018から10月31日東京ドーム2日間のセットリストの違いと参戦の感想を中心に書いてみた。

筆者自身、実は初めてのポール・マッカートニーのライブであった。

いつかはライブにいきたいと思いつつも、ずっと行きそびれていただけに念願成就といったところだった。

いつまで来日するかもわからないので、見逃すと後悔すると思い、やっと行けたわけだ。

日本公演はあと2公演残されているわけだが、セットリストは幾分違うものになるだろう。

何が出てくるかはその日のお楽しみだ。

生ける伝説のエネルギーに触れることができたのは、本当に素晴らしい体験で、ポール・マッカートニーにはこれからも元気でいてもらいたいと切に願うばかりだ。

東京ドームには、ファンのそんな思いがあふれていたように思う。

その他のポール・マッカートニーに関する記事は、こちらからどうぞ!
☞ ポール・マッカートニー来日公演2018の日程・会場とチケット予約

☞ ビートルズの有名な曲が入ったアルバムは?赤盤・青盤がおすすめ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました