クラシックコンサートで寝ない方法は?寝てしまうのはマナー違反?

クラシックコンサートでよく見かけるのが、演奏中にもかかわらず寝てしまう人である。

中には大きないびきをかいている人もいる。

筆者もクラシックコンサートで何度か睡魔に襲われて、ウトウトした経験があるが拍手で目が覚めた恥ずかしい経験がある。

クラシックコンサートで寝ない方法があればいいのだが、はたしていい方法はあるのだろうか?

今回は、クラシックコンサートで寝ない方法と寝てしまうのはやはりマナー違反なのかを考えてみたいと思う。

スポンサーリンク

クラシックコンサートで寝ない方法

ロックやポップスのコンサートでは寝てしまう人はいないが、クラシックコンサートでは普通にいる。

クラシックコンサートの性質上そういう傾向になりやすいのはわかるが、なんとか寝ないで音楽を聞いていたいものである。

そこで、クラシックコンサートで寝ない方法をいくつか紹介したいと思う。

これらを実行すれば必ず起きていられるというものではないかもしれないが、すべて実行すればそれなりの効果があると思う。

クラシックコンサートで寝ない方法①~睡眠不足は避ける

やはり基本的に睡眠不足は避けるべきだろう。

特にクラシックコンサートの前日は、よく眠るよう心掛けておきたい。

また、当日でも許されるならクラシックコンサート前に10分ほどでも仮眠をとるだけでも大違いだ。

睡眠不足とともに疲れをためるのも避け、コンサート当日は万全の体調で臨みたい。

クラシックコンサートで寝ない方法②~食事はコンサートの後に

睡眠の次は食事だ。

クラシックコンサートは休日でなければ夜の7時頃から開演となることが多い。

食事はクラシックコンサートが終了してからとるようにしたい。

食事をしてからクラシックコンサートだと、眠くなりやすいのはだれの目から見ても明らかだ。

開演前や休憩時間にアルコールを販売するホールもあるが、アルコールに弱い方はこれにも注意が必要だろう。

クラシックコンサートで寝ない方法③~眠気覚ましのドリンクなどを飲む

続いては眠気覚ましである。

居眠り運転防止と共通する部分があると思うが、クラシックコンサートでどうしても眠くなるのがわかっている方はカフェイン入りのドリンクを開演前や休憩時間に飲んでおくといいだろう。

また、ドリンクだけでなくガムでもいい。

とにかくスッキリ目覚めた状態でクラシックコンサートに臨むというわけだ。

クラシックコンサートで寝ない方法④~演奏曲の予習をする

クラシックコンサートで演奏される曲をよく知っておくというのもいい方法である。

当日演奏される曲をあらかじめ繰り返し聞きこんで予習しておけば、曲の展開などがわかってより演奏が楽しめるようになるからだ。

音源が手持ちにない場合でもCDのレンタルやYouTubeなどの動画サイトを利用すれば、だいたいは見つかるはずなので、ぜひ試していただきたい。

クラシックコンサートで寝ない方法⑤~コンサートを選ぶ

最後は、クラシックコンサートを選ぶということだ。

選ぶという意味は、眠くなりやすい演奏曲のコンサートを避けるという意味だが、逆に自分の好きな曲を演奏するコンサートを選べば眠気も出にくいといえるだろう。

具体的には、以下のクラシックコンサートは眠くなりやすいので避けたほうがいいかもしれない。

・知らない曲のコンサートは避ける

・長い曲のコンサートは避ける

・静かな曲のコンサートは避ける

スポンサードリンク

クラシックコンサートで寝てしまうのはマナー違反?

ウトウト寝てしまうだけなら特に周りに迷惑をかけているわけでもないしまだいいのだが、いびきをかくのはマナー違反といわれても仕方ないだろう。

クラシックコンサートという音楽を楽しむ場で、いびきというノイズは咳とともにかなり気になるノイズだ。

クラシックコンサートでは演奏中はいびきに限らず、楽器以外の音は基本的に出さないのがマナーだろうと思う。

迷惑なのはいびきだけではない。

寝てしまって隣席の方へもたれかかるのもマナー違反といえるだろう。

あと演奏者にも失礼だという考え方もある。

しかし、寝てしまうだけで特に周りに迷惑をかけていなければマナー違反とはならないのではないだろうか。

ただし、支払ったチケット料金がもったいないが…。

クラシックコンサートで寝てしまうのはなぜ?

クラシックコンサートで寝てしまうのはなぜか、それはやはりクラシック音楽がリラックスさせてくれるからというのが一番の理由ではないだろうか。

演奏や音自体も心地いいので、長時間になればなるほど眠気を誘うというのは間違いない。

これに疲労が加わればなおのことだ。

また、クラシック音楽にあまり興味がない方や演奏曲を知らないという場合は、クラシックコンサートが退屈に感じてしまうことになる。

学校の授業で眠くなるのと同じようなものである。

動いたり、しゃべったりできればまだいいが、クラシックコンサートではそいうもいかない。

終始、ジッとしていなければならないとなると睡魔が襲ってくるのは、ある意味、自然なことである。

このようにクラシックコンサートは、他の音楽のジャンルのコンサートの比べて寝てしまう条件がそろっているともいえる。

クラシックコンサートで寝ない方法~まとめ

今回は、クラシックコンサートで寝ない方法と寝てしまうのはやはりマナー違反なのかを考えてみた。

クラシックコンサートで寝ない方法は、睡眠不足は避けて食事は終演後に摂り必要に応じて眠気覚ましも使う生理的な方法と演奏曲を予習したり眠くなりやすい演奏曲のコンサートを避けるという方法がある。

また、クラシックコンサートで寝てしまうこと自体はいいのだが、いびきをかいたり隣席の方へもたれかかるのはマナー違反といえるだろう。

クラシックコンサートは、他の音楽のジャンルのコンサートの比べてリラックス効果があったりして寝てしまう条件がそろっているといえるが、やはり周りの人たちには迷惑はかけたくないものである。

ウトウトするぐらいならいいが、日頃の体調管理には気をつけて、少なくともいびきをかくほど寝るのは避けたいものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました