リッチー・ブラックモア

ディープ・パープル

第2期ディープ・パープル再結成来日!「ハイウェイスター」が甦る!

リッチー・ブラックモアをついに見た!「DEEP PURPLE JAPAN TOUR ❜85」再結成ディープ・パープルの来日公演の回顧録。かつてのマジックは存在しなかったが、なお活動を続ける伝説のバンドの1985年の来日公演を振り返る。
リッチー・ブラックモア

レインボー「ダウン・トゥ・アース」の感想!虹史上最大の変色!

こちらでは、虹史上最大の変色となったレインボー「ダウン・トゥ・アース」の感想を綴ってみた。メンバーを一新してポップでキャッチーな曲が並ぶアルバムだが完成度の高い名盤である。レインボーの大変色とともにリッチー・ブラックモアの大転換の名盤でもあった。
ジョー・リン・ターナー

レインボー「ストリート・オブ・ドリームス」の感想!虹の最終到達点

こちらでは、レインボーの「ストリート・オブ・ドリームス(BENT OUT OF SHAPE)」の感想を綴った。レインボーのラストアルバムだがジョー・リン・ターナーの歌いまわしが光る名盤でこれで解散が惜しまれる。レインボー裏の名盤としておすすめ!
ディープ・パープル

ディープ・パープル「メイド・イン・ヨーロッパ」の感想!3期ラスト

こちらでは、名曲「紫の炎(バーン)」を収録したディープ・パープル「メイド・イン・ヨーロッパ」の感想を綴ってみた。リッチー・ブラックモアのディープ・パープルにおけるラスト・ライブを収録した第3期ディープ・パープルのベスト選曲のライブ・アルバム!
ディープ・パープル

ディープ・パープル「ライブ・イン・ジャパン」の感想!究極のライブ盤

こちらでは、究極のライブ盤ともいうべき、このディープ・パープル「ライブ・イン・ジャパン」の感想を綴ってみた。ディープ・パープルの1972年の初来日公演を収録したベスト選曲のライブ・アルバム。このアルバムに出会った筆者の衝撃とアルバムの背景を語る。
ディープ・パープル

ディープ・パープル・イン・ロックの感想!第2期の黄金時代の幕開け

こちらでは、第2期の黄金時代の幕開けとなったディープ・パープル・イン・ロックの感想を綴ってみた。「マシン・ヘッド」が最高傑作といわれるディープ・パープルだが、「イン・ロック」には荒削りで破壊的なハード・ロックの醍醐味がギッシリ詰まっている。
ディープ・パープル

ディープ・パープル入門におすすめのアルバム「ディーペスト・パープル」

はじめてディープ・パープルのアルバムを聞くなら「ディーペスト・パープル」がおすすめ。収録曲は第2期と第3期限定で、ライヴでの定番曲をほとんど網羅する、まさにリアルベストアルバム。ディープ・パープル入門にピッタリで、これを気に入ったら、他のアルバムを聞いていくのがおすすめです。
ジョー・リン・ターナー

レインボー「闇からの一撃」の感想!虹のアルバムとは思えない!

「レインボー・ライジング(虹を翔ける覇者)」で、ハード・ロックに衝撃を受けた少年が次に聞いたアルバムがレインボーの「闇からの一撃」であった。リッチー・ブラックモア以外メンバーも音も全く違うアルバムに違うバンドのアルバムを買ったと思った。
リッチー・ブラックモア

レインボー・ライジング(虹を翔ける覇者)の感想!虹の最高傑作!

こちらでは、レインボーの最高傑作の誉れ高い「ライジング(虹を翔ける覇者)」の感想を綴ってみた。40年以上経過しているとは思えない名盤中の名盤!リッチー・ブラックモア、ロニー・ジェームズ・ディオ、コージー・パウエル在籍時代の最高傑作?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました