クラシック

クラシック

音楽のジャンル分けは無意味?メリットとデメリットを知ることが大切

こちらでは「音楽のジャンル分けは無意味?メリットとデメリットを知ることが大切」と題して、音楽のジャンル分けについてまとめてみた。近年では音楽のジャンル分けの細分化が進み、かえって分かりづらくなっているようにも思う。こうなるとジャンル分けは必要ない?
クラシック

日本人クラシックギタリストで上手いのはだれ?ランキングベスト3!

こちらでは、日本人クラシックギタリストで上手いのはだれか、ランキングベスト3をチョイスしてみた。テクニックだけではない心に響くギタリストという基準で独断と偏見でチョイスしてみた。その3人のギタリストの特徴やおすすめの作品を紹介!
クラシック

ベルリン・フィル来日2019日程と会場は?指揮者・チケット情報も

こちらではベルリン・フィルの来日2019の日程と会場、指揮者、チケット情報などについてまとめてみた。世界に君臨するベルリン・フィルがまた日本にやってくる。今回は巨匠ズービン・メータとの来日となるが、はたしてどんなサウンドを聞かせてくれるのか?
スポンサーリンク
クラシック

朴葵姫(パク・キュヒ)新作「ハルモニア」発表とコンサート情報

朴葵姫(パク・キュヒ)が新作「ハルモニア」を発表した。押尾コータローや渡辺香津美が楽曲を提供し、ギタリストがギタリストのために書いた作品集となっている。こちらでは、朴葵姫(パク・キュヒ) の新作「ハルモニア」と2018年のコンサート情報について紹介している。
クラシック

朴葵姫(パク・キュヒ)の個展?ギターと写真のコンサート

朴葵姫(パク・キュヒ)の「トーク&ライブ」のレポート。朴葵姫(パク・キュヒ)の趣味である写真にもスポットを当てトークを交えて公開するという新趣向の企画。前半は写真、後半はギターの演奏というファンならずとも楽しめる和やかな雰囲気が印象的のコンサートだった。
クラシック

山下和仁コンサート!クラシック・ギターを超越した存在!

2017年11月30日の山下和仁のコンサートをレポート。そのギター魂は健在で、ダイナミックな音、集中力など以前と変わらず、衰え知らずの演奏を聞かせてくれた。やはり山下和仁は、クラシックギターの次元を超えた存在であることを再認識したコンサートだった。
イツァーク・パールマン

歌うヴァイオリン!パールマンの名盤「バッハ・ヴァイオリン協奏曲」

イツァーク・パールマンの「J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲集」は、パールマンの、豊潤な音色での演奏が素晴らしい。まさに歌うヴァイオリンである。ヴィブラートやフレージングなどパールマンの魅力がよく出ている。協奏曲の第2番が特におすすめである。
クラシック

ハイフェッツのサラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」収録の名盤に衝撃

ハイフェッツ演奏のサラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」を聞いた時の衝撃は今でも忘れられない。完璧なテクニックに支えられた演奏は鋭利な刃物で切り裂いたようで、完璧そのもの。「ツィゴイネルワイゼン」はハイフェッツの代名詞的な名盤である。
クラシック

朴葵姫(パク・キュヒ)「スペインの旅」の感想!トレモロが光る名盤

こちらでは、朴葵姫(パク・キュヒ)のトレモロが光る名盤「スペインの旅」の感想を綴ってみた。「天使のトレモロ」といわれる朴葵姫(パク・キュヒ)のオール・スペインの曲を収録したアルバムで、トレモロ奏法の美しさを堪能できる名盤に仕上がっている。
カニサレス

カニサレスのアランフェス協奏曲の感想!フラメンコギタリストの名盤

こちらでは、天才フラメンコ・ギタリスト・カニサレスの名盤「アランフェス協奏曲」の感想を綴ってみた。情熱的なパッションで演奏されるクラシックのギタリストにはない独特の世界が展開されている名盤で、共演はサイモン・ラトル指揮ベルリン・フィル。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました