ディープ・パープル来日2018のセトリを予想!ライブは定番曲で!

今年デビュー50周年を迎えたディープ・パープルが、10月に来日公演を行うことはすでにご存知の方も多いだろう。 

ニュー・アルバムを発売するたびに来日公演を行っているディープ・パープルであるが、なにやら今回2018年の来日ツアーは特別なものになるかもしれないという。

今回は、「ディープ・パープル来日2018のセトリを予想!ライブは定番曲で!」と題して、ディープ・パープルの来日セットリストや来日の背景などを見ていく。

スポンサーリンク

ディープ・パープル来日2018は最後の来日ライブ?

「デビュー50周年!深紫伝説、遂に最終章?!」となんとも意味深なツアータイトルが銘打たれた今回のジャパンツアーだが、はたしてその意味するものとは?

デビュー50周年、発表したスタジオ・アルバムは通算20作という大きな区切り、そして「The Long Goodbye Tour」というツアータイトルが意味するものを考えると今回の来日ツアーがディープ・パープルにとって最後の来日ライブになるかもしれないというのは容易に想像がつくところだ。

加えてメンバーの年齢だ。

70歳前後と高齢化が進んでいる。

ツアー日程

「Deep Purple The Long Goodbye Tour」
2018年10月14日(日) 幕張メッセ 9・10・11ホール
2018年10月15日(月) 名古屋国際会議場センチュリーホール
2018年10月17日(水) 大阪 フェスティバルホール
2018年10月18日(水) 大阪 フェスティバルホール
2018年10月20日(土) 広島上野学園ホール
2018年10月22日(月) 福岡サンパレス ホテル&ホール

チケットは、S席 15,000円 / A席 14,000円

来日メンバー(予定)

イアン・ギラン(ヴォーカル)
イアン・ペイス(ドラムス)
ロジャー・グローヴァー(ベース)
スティーブ・モーズ(ギター)
ドン・エイリー(キーワード)

スポンサードリンク

ディープ・パープル来日2018のセトリはやはり定番曲?

「The Long Goodbye Tour」は、すでにスタートしており、基本的なセットリストは以下の通り。

まぁ、やはり王道というか老舗大物バンドの場合、セットリストから外せない曲が多くなってしまうからどうしても新しい曲は少なめだ。

80年代以降の曲が4曲であるが、50年の歴史やファンが聞きたい曲を考えれば、妥当でいいセットリストではないだろうか?

ここに来日で新たに加わる曲や変更になる曲があるかどうかだが、大きな変更はないだろう。

もし変更があるとすればアンコールで、「Speed King」「Fireball」あたりがプレイされるかもしれないといったところか?

いずれにしても集大成的なツアーと位置付けているのなら、ディープ・パープルを代表する定番曲が中心になるのは間違いない。

最新のセットリスト

今回のプロモーターであるウドー音楽事務所のフェイスブックで5月30日のモスクワ公演のセットリストが公開された。

来日公演のセットリストもこれを基本にしたものになるだろう。

1.Highway Star
2.Bloodsucker
3.Pictures of Home
4.Strange Kind of Woman
5.Sometimes I Feel Like Screaming 
6.Uncommon Man
7.Lazy
8.Time for Bedlam
9.Birds of Prey
10.Knocking at Your Back Door
11.Keyboard Solo
12.Perfect Strangers
13.Space Truckin’
14.Smoke on the Water

Encore:
15.Hush
16.Bass Solo
17.Black Night

5月30日モスクワ

Deep Purple – Live @ Moscow 2018 (FULL) HD

ディープ・パープルのキャリア総括のベスト・アルバム

さて来日を記念して、1968年のデビュー作「ハッシュ」から2013年「ナウ・ホワット」まで、ディープ・パープルの50年の全キャリアを総括した究極のベスト・アルバム「A Fire In The Sky」がリリースされる。

全40曲を収録した3CDと、マニアにはたまらないエディット・ヴァージョンを多数収録した1CDの2パターンで、9月26日の発売。

ご存知のようにディープ・パープルには多数のベスト・アルバムが存在する。

筆者は以前から「ディーペスト・パープル」が究極のベスト・アルバムとしておすすめしているのだが、ディープ・パープルの全キャリアを総括するという意味において今回のベスト・アルバムはなかなかのものだと思う。

どちらかというと3CDがおすすめ。

 

まとめ

今回は、「ディープ・パープル来日2018のセトリを予想!ライブは定番曲で!」と題して、ディープ・パープルの来日セットリストなどをまとめた。

その長い歴史の中で波乱万丈な活動を続けてきたディープ・パープルもその活動にピリオドを打つ日が刻一刻と近づいている。

名作「ライブ・イン・ジャパン」を生み、少なからず日本とも深い関わりを持ってきた。

永遠のカリスマ・ギタリスト、リッチー・ブラックモアの脱退からすでに20年以上が経過している。

それでも彼らは活動を続けてきた。

幾多の試練を乗り越えてきたディープ・パープルに敬意を表するとともに拍手を送りたい。

2018年10月、その最後の雄姿を見届けようではないか!

ディープ・パープルのその他の記事は、こちらからどうぞ!
☞ ディープ・パープル入門におすすめのアルバム「ディーペスト・パープル」

☞ 第2期ディープ・パープルの初アルバム「イン・ロック」黄金時代の幕開け 

☞ ディープ・パープルの最高傑作は?「マシン・ヘッド」がおすすめ!

☞ ディープ・パープル「ライブ・イン・ジャパン」は究極のライブ・アルバム 

☞ ディープ・パープル「ライブ・イン・ジャパン完全版」は理想の音楽?

☞ ディープ・パープル「バーン」に衝撃!第3期ベスト・ライブ・アルバム 

☞ 第2期ディープ・パープル再結成来日!「ハイウェイスター」が甦る! 

☞ ディープ・パープルのアルバムが虹色に!「SLAVES AND MASTERS」 

コメント

タイトルとURLをコピーしました