日本人クラシックギタリストで上手いのはだれ?ランキングベスト3!

クラシックギタリストは日本にもそして世界にも数多くいますが、そんな中で日本人クラシックギタリストで上手いのははたしてだれなのか?

たくさんいますが、あげていけばキリがないのでランキングベスト3として独断と偏見でチョイスしてみた。

今回は、日本人クラシックギタリストで上手いのはだれか、ランキングベスト3をチョイスしてみた。

チョイスした3人以外にもまだまだいるだろう、という声もありそうだが筆者の独断と偏見で頭に浮かんできた3人に絞らさせていただいたことを何卒ご容赦いただきたい。

スポンサーリンク

日本人クラシックギタリストで上手いのはだれ?

少なくともメジャーデビューしてCDを出しているようなクラシックギタリストは間違いなく全員上手いと思う。

そんな中で上手い日本人クラシックギタリストがだれかを選ぶのは困難なことで、何か心に響くようなものが必須条件であろう。

つまり、

上手い日本人クラシックギタリスト = 心に響く演奏をするギタリスト

という基準でチョイスしてみた。

これがあるかないかで評価が分かれるところだが、当然リスナーの嗜好が関係してくるのでここであげたクラシックギタリストも筆者の個人的な経験や好みが反映されていることをお許しいただきたい。

ここにあげた3人の日本人クラシックギタリストは生演奏は経験しているし、CDなどの音源でも筆者の心に何かしらの特別な感動を与えたギタリストのランキングベスト3をチョイスした。

スポンサードリンク

日本人クラシックギタリスト~ランキングベスト3

そして、筆者がチョイスした日本人クラシックギタリストのランキングベスト3は、山下和仁、朴葵姫(パク・キュヒ)、村治佳織の3人である。

3人のギタリストとも個性的で独自の世界を持ち、オンリーワンの存在なのは間違いない。

簡単ではあるが3人のギタリストの特徴とおすすめの作品もあげておいたので、できたら聞いていただければと思う。

山下和仁

La boda de Luis Alonso – Kazuhito Yamashita

山下和仁は、1961年3月25日長崎県生まれのクラシックギタリストで、幼少の頃から父親からギターを学んだ。

桁外れのテクニックを身につけ、世界三大ギター・コンクールの史上最年少記録優勝(16歳)など世界の主要なギター・コンクールを総なめにしてきた。

レパートリーも幅広いが、その超絶技巧を武器にしたオーケストラ作品などのギターへの編曲&演奏は天才山下和仁にしか成しえなかった偉業だろう。

クラシックギターとは思えない音量の大きさも特徴で、アランフェス協奏曲でも生音でオーケストラの音量に負けないという凄さだ。

すでに唯一無二の存在となっているが、そんな山下和仁の数多い録音の中で、ドヴォルザーク作曲の「新世界より」をおすすめの作品としたい。

「ギターは小さなオーケストラ」といわれるが、さまざまなテクニックを駆使してオーケストラ版に劣らない表現力でこの大曲を全曲演奏している。

ギター1本でここまでできるんだという山下和仁の心意気が伝わってくるような作品だ。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 山下和仁コンサート!クラシック・ギターを超越した存在!

☞ 山下和仁のドヴォルザーク「新世界より」ギターの可能性を信じて

☞ 山下和仁の「アランフェス協奏曲」はじめてのクラシック・コンサート

「新世界より」(ドヴォルザーク) 山下和仁


ドヴォルザーク作曲(山下和仁編曲)
交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」
1.第1楽章 アダージョ―アレグロ・モルト
2.第2楽章 ラルゴ
3.第3楽章 スケルツォ(モルトヴィヴァーチェ)
4.第4楽章 アレグロ・コン・フォーコ

録音:1987年6月16・17日 つくばノバホール

朴葵姫(パク・キュヒ)

朴葵姫(パク・キュヒ) アルバム『FAVORITE SELECTION』ダイジェストムービー

朴葵姫(パク・キュヒ)は、1985年韓国生まれであるが、むしろ日本で育った期間が長く日本語もペラペラということもあって、日本人クラシックギタリストとして捉えていいだろう。

3歳で横浜にてギターを始め、これまでに荘村清志、福田進一、アルヴァロ・ピエッリ各氏に師事している。

「トレモロの女王」と呼ばれるほどトレモロ奏法の美しさに定評があるが、個人的にはトレモロだけでなく、流れるようなレガートなフレージングと柔らかい音色が素晴らしいと思う。

師匠のアルヴァロ・ピエッリ譲りのレガートさだ。

朴葵姫(パク・キュヒ)のおすすめの作品は、「FAVORITE SELECTION」

朴葵姫(パク・キュヒ)のCDデビュー5周年を迎えてのベスト・アルバムで、新たにアンコールとして演奏されていた「タンゴ・アン・スカイ」と、レノン&マッカートニーの「イエスタデイ」(武満徹編)を収録している。

また、ボーナスDVDでタンゴ・アン・スカイのレコーディング・ドキュメントやコンサート映像が見られるのもうれしい。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ パク・キュヒ 新作「ハルモニア」発表とコンサート情報

☞ 朴葵姫(パク・キュヒ)のトレモロが光る名盤「スペインの旅」

☞ 朴葵姫(パク・キュヒ)の個展?ギターと写真のコンサート

「FAVORITE SELECTION」 朴葵姫(パク・キュヒ)


Disc1<CD>
1.フランシスコ・タレガ:アルハンブラの思い出
2.ミゲル・リョベート:スケルツォ・ワルツ
3.マヌエル・デ・ファリャ:きつね火の歌(バレエ音楽「恋は魔術師」より)
4.レオ・ブローウェル:特徴的舞曲
5.ドメニコ・スカルラッティ:ソナタ K.391
6.パウロ・ベリナティ:ジョンゴ
7.アグスティン・バリオス:大聖堂 Ⅰ.Preludio
8.アグスティン・バリオス:大聖堂 Ⅱ.Andante Religioso
9.アグスティン・バリオス:大聖堂 Ⅲ.Allegro Solemne
10.ミゲル・リョベート:ソルの主題による変奏曲
11.エグベルト・ジスモンチ:水とワイン
12.アグスティン・バリオス:森に夢みる
13.菅野ようこ:花は咲く(NHK東日本大震災復興支援ソング)
14.レノン=マッカートニー:イエスタデイ(武満徹編)
15.ローラン・ディアンス:タンゴ・アン・スカイ

Disc2 <DVD>
1.ローラン・ディアンス:タンゴ・アン・スカイ(レコーディング・ドキュメント)
2.イサーク・アルベニス:カタルーニャ奇想曲(組曲「スペイン」より)
(2012年7月20日 レストラン・バーCAY)
3.エイトル・ヴィラ=ロボス:練習曲第12番(2014年7月26日 南大沢文化会館)
4.アグスティン・バリオス:最後のトレモロ (2014年7月26日 南大沢文化会館)

村治佳織

Kaori Muraji – 村治佳織 – Tango En Skai

村治佳織は1978年4月14日東京都生まれのクラシックギタリストで、山下和仁同様に幼少の頃から父親からギターを学んだ。

弟の村治奏一もクラシックギタリストというギタリスト一家に育ち、15歳でCDデビューを飾っている。

若くから注目されていたクラシックギタリストであるが、村治佳織の最大の功績はクラシックギターを一般の人にも馴染み深い存在にしたことではないだろうか?

クラシックギタリストの名前は一般の人は知らないことが多いが、村治佳織は知っているという人は多い。

演奏は容姿のイメージとは違い、割と男性的なように思うがどうだろう?

同じ「タンゴ・アン・スカイ」でも朴葵姫(パク・キュヒ)と聞き比べてみると、違いがより鮮明に感じられるように思う。

そんな村治佳織も録音は多数あってどれをチョイスするか迷ったが、ベスト・アルバムの
「リ・サイクル」をおすすめの作品にしたい。

DISC1は「ポップス編」で、洋楽の名曲、DISC2は「クラシック編」で、クラシックギターの定番が収録されている。

内容・演奏ともに幅広くおすすめできる作品だ。

「リ・サイクル」 村治佳織


Disc1<CD>
1. ティアーズ・イン・ヘヴン
2. ≪ギターのための12の歌≫から ヒア・ゼア・アンド・エヴリウェア
3. フール・オン・ザ・ヒル
4. ≪ギターのための12の歌≫から ミッシェル
5. ≪ギターのための12の歌≫から ヘイ・ジュード
6. ≪ギターのための12の歌≫から イエスタデイ
7. ヒア・カムズ・ザ・サン
8. イン・マイ・ライフ
9. 映画『ニュー・シネマ・パラダイス』より
10. 悔いなき美女
11. 愛はきらめきの中に
12. ディス・ガールズ・イン・ラヴ・ウィズ・ユー
13. 戦場のメリー・クリスマス
14. フラジャイル
15. 雨に微笑を
16. エナジー・フロー
17. ≪ギターのための12の歌≫から 早春賦 (CD初収録曲)

Disc2<CD> 
1. アルハンブラの想い出
2. 大聖堂 I.Preludio(Saudade)
3. 大聖堂 II.Andante religioso
4. 大聖堂 III.Allegro Solemne
5. 亡き王女のためのパヴァーヌ
6. コンポステラ組曲 前奏曲
7. コンポステラ組曲 コラール
8. コンポステラ組曲 ゆりかご
9. コンポステラ組曲 レチタティーヴォ
10. コンポステラ組曲 歌
11. コンポステラ組曲 ムニェイラ
12. 月の光(≪ベルガマスク組曲≫より)
13. コユンババ Part 1
14. コユンババ Part 2
15. コユンババ Part 3
16. コユンババ Part 4
17. 主よ、人の望みの喜びよ
18. 禁じられた遊び(ロマンス) (CD初収録曲)

まとめ

今回は、日本人クラシックギタリストで上手いのはだれか、ランキングベスト3をチョイスしてみた。

日本人クラシックギタリストのランキングベスト3は、山下和仁、朴葵姫(パク・キュヒ)、村治佳織の3人で、上手いのはもちろん個性的で独自の世界観を持っている。

必ずしも上手いギタリスト=心に響くギタリストとはならないこともあるが、この3人は上手いだけではない何かを持ち合わせているギタリストとしておすすめである。

独断と偏見で、日本人クラシックギタリストのランキングベスト3をチョイスしてみたが、何かのお役に立てば幸いだ。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ギター上達にかかる期間はどれくらい?初心者におすすめの上達法

☞ ギターを独学でマスターしたい!初心者におすすめの練習方法は?

☞ ギターを独学でマスターするのは難しい?教則本やDVDでは無理?

☞ ギターが上手い人の特徴を知れば上達する?基準や共通点は何か?

☞ クラシックギターとアコースティックギターの違いは?難易度と特徴も

コメント

タイトルとURLをコピーしました